意外!? 高収入世帯ほど○○○否定派?

上記は一実例ですが、女性に「専業主婦」になってもらう、ということがどういうことなのか。これを男女双方が理解していないと、不幸な結末を迎える可能性がある、というエピソードでした。

もちろん、「専業主婦」になってもらうことが悪いと言っているわけではありません。ただ、「時間間隔」と「価値観」はしっかり事前に認識を合わせておくことが必須と言えます。

これを裏付ける……というと言い過ぎかもしれませんが、平成25年に厚生労働省が行った「若者の意識に関する調査」における、「結婚(事実婚含む)したあとは専業主婦になりたいと思いますか」の項目への回答結果についての面白い記事をご紹介します。
「専業主婦になりたいと思いますか?」という問いに対し、肯定派(「そう思う」「どちらかといえばそう思う」)は全体の34.2%と多数派でしたが、回答者の世帯年収で見ると、1500万円以上の高収入世帯では肯定が12.5%と明らかに減っています。さらに、否定(「そう思わない」「どちらかといえばそう思わない」)でも全体では38.5%、高収入世帯では62.5%と大きな差がついています。

出典:結婚(事実婚含む)したあとは専業主婦になりたいと思いますか(愛に勝つための情報サイト 愛カツ)
c

専業主婦=家に入ることを肯定的に捉えていない

この高収入世帯というのは共働きのダブルインカム世帯も含まれているので、当然かもしれませんが、総じて経済的に豊かな家庭の若者ほど、専業主婦=家に入ることを肯定的に捉えていないことがわかります。

お互いが同じ方向を向けるか、それが結婚生活の秘けつ

結婚はお互いを助け合うことで成立します。
それは、お互いが何を求めているか、を理解することと言えるかもしれません。
アナウンサーとスポーツ選手、スポーツ選手同士、タレント同士など、共通するものがある人や、相手のことを理解できる関係、その土台があることが、上手くいく鍵になります。

お互いが同じ方向を向けるか。
「専業主婦」希望の女性、あるいは女性に「専業主婦」を希望する男性は、もう一度そこをきちんと考えてみましょう。向く方向は「家庭」でも「仕事」でも構いません。大切なのは、二人で話し合って決めることです。


【新サービス事前登録のご案内】
オールアバウトは「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。
そこで、「誰かの経験談を聞いてみたい方」と「自分の経験談をシェアしたい方」とを募集しています。

誰かの経験談を聞いてみたい方はこちら
現在「夫の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築できた」「シングルマザーとして自立できた」「熟年離婚をして幸せ」という経験談が多く集まっています。

自分の経験談をシェアしたい方はこちら
現在「有利な条件で離婚できた」「離婚後、シングルマザーとしてしっかり生活できている」といった経験談を聞きたいという方が集まっています。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。