コーディガン×ワンピ・スカートで大人の余裕感をプラス


コーディガン

丈感で遊ぶレイヤード
 


さらりと羽織って様になるのも、コーディガンのいいところ。普通のコートでは、重たい着映えになってしまいがちですが、生地が厚すぎないコーディガンだけに、もたつきを遠ざけられます。せっかくのロング丈を生かすなら、コンパクト丈のウエアにかぶせるのが、賢いチョイス。ミニ丈ワンピースに重ねれば、丈感の違いがはっきり出て、レッグラインが伸びやかに映ります。グレー系とブラックのツートーンでまとめたのも、シックな印象。帽子で縦寸をかさ上げして細長感を印象づけています。

コーディガン

アウターの上からベルトでウエストマーク



ゆったりしたフォルムが持ち味のコーディガンですが、手を加えないと、たるんだ感じの着姿になりやすいのは、注意が必要な点。わざとゆるっと見せるのは構いませんが、コーディガンの上からベルトを巻く小技は引き締め効果が抜群です。細めのベルトできっちりウエストマークすれば、くびれ感が出るうえ、大人イメージが強まります。袖をまくり上げて、ブラウス袖を見せるのも、使いこなしたい小技のひとつ。目を惹くブレスレットは装いをつやめかせてくれます。

コーディガンの着こなしパターンはいかがでしたか? コーディガンのよさは、そのこなれた雰囲気にあります。ウエストを隠す長め丈であれば、身体の線をやさしくぼかしてもくれます。くだけた風情が持ち味のロングカーデではなく、わざわざコーディガンをまとうのなら、コート由来のきちんと感を兼ね備えさせたいもの。着こなしに当たっては、レイヤード効果を意識して変化や動きを演出すると、格上のコーデに整えられます。この秋冬はコーディガンで新ムードのおしゃれを楽しんでみてくださいね。

【関連記事】
冬の着ぶくれ感をオフ! 大人レイヤード実例×10
ビッグコートでこっそり着痩せ&しっかり着回し!
トレンチコートのすべて 歴史、魅力、そしてコーデ
2015-16秋冬トレンド「70年代ノスタルジー」
2015-16秋冬トレンド「ネオボーホー」

【ガイドの最新情報】
宮田理江 公式ブログ 「fashion bible」



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。