コーディガンにパンツで程よいヌケ感を


コーディガン

穏やかな落ち感を演出



着丈の長いコーディガンは、穏やかな印象を濃くします。エレガントにアレンジすることもできますが、あえてマニッシュを差し込むと、ジェンダーミックスの着こなしに仕上がります。ピンストライプのパンツは色味もクール。ロングスカーフを首から垂らして縦長シルエットをさらに強調。ショルダーバッグのストラップを使わず、クラッチバッグ風に持ち、動きを添えました。コーディガンは面積が広い分、着映えが単調にならないよう、小物でアクセントをつけるのが、退屈に見せないポイントです。


コーディガン

アウターの2枚重ね



コーディガンはアウター使いできる服ですが、冬本番には本格的な厚手アウターを重ねて、レイヤードの主役に起用しましょう。着丈が長い分、腰丈アウターからたっぷりはみ出て、リズミカルな長短レイヤードに整えられます。ショート丈の羽織り物を選べば、ロングイメージが際立ちます。コーディガンの下からガウチョパンツをのぞかせて、さらに縦長感を増幅。グレーとブラックの沈んだカラートーンで統一し、全体を静かになじませています。

次のページではミニワンピやスカートにコーディガンを!