人気はちみつコスメブランド・HACCIとコラボ

まるで森のようなホテル椿山荘東京の庭園

まるで森のようなホテル椿山荘東京の庭園。外国人旅行者からも人気です

有名口コミ旅行サイトでも「庭園が素晴らしい!」との声が海外から多く寄せられている『ホテル椿山荘東京』。その庭園を一望できるロビーラウンジ『ル・ジャルダン』は、英国スタイルのアフタヌーンティーが人気のグルメスポットですが、2015年10月1日(木)から3ヶ月期間限定で、はちみつ美容を展開する日本のコスメブランドHACCIとコラボレーションした「HACCIアフタヌーンティー」が登場することとなりました。

庭園の椿

春夏秋冬の美しさを満喫できるホテル。冬にはもちろん様々な種類の椿も鑑賞できます

ホテル椿山荘東京の周辺の歴史は古く、なんと南北朝時代から椿の景勝地であったそう。江戸時代には松尾芭蕉の住居や下総久留里藩の下屋敷などがありましたが、明治時代に政治家であった山縣有朋の邸宅・庭園となり、椿にちなんで“椿山荘”と名づけられました。戦後は藤田観光が経営するガーデンレストランとして椿山荘がオープンし結婚式場の名門へと成長。平成に入り敷地内に外資系ラグジュアリーブランドのホテルをオープンしましたが、2013年に提携が終了し、現在は総客室数260室を誇るホテル椿山荘東京として運営されています。

ホテル内のクラシックなヨーロピアンスタイルのインテリア

クラシックなヨーロピアンスタイルのインテリアが庭園の緑によく合います

『ミシュランガイド東京2015』では、日本発のホテルとしては唯一の5レッドパビリオンを獲得しているホテル椿山荘東京。その魅力の1つが広大な庭園です。ホテルの中に庭園があるというより、庭園の中にホテルがあるという表現の方がしっくりくる緑豊かなスポットで、他には真似のできない風景が広がっています。春はお花見、初夏は蛍、秋は紅葉、冬は椿、と四季折々の日本の表情を楽しめる、東京の中でも特別な場所なのです。

次のページでは、いよいよ「HACCIアフタヌーンティー」の全貌を公開!