ホテルの無料サービスがブームに!

ホテルの無料サービスを徹底活用

ホテルの無料サービスを徹底活用

少しでもお得に旅行をしたいと思うあなたへ、All Aboutホテルガイドの瀧澤信秋氏がホテル選びの鉄則をレクチャーします!第5回はビジネスホテルにおける無料サービスブームについて解説していただきます。(第5回の『狙い目はこの時期!季節ごとのお得なホテルの泊まり方』から続きます)

ホテルの出店競争は激化し、サービス競争も熾烈を極めています。フルサービスといわれる高級ホテルでは、もともと高いレベルのサービスが提供されていますが、リミテッドサービスといわれるビジネスホテルでは、最近「無料サービス」がブームになっています。

もちろん、ホテルへ宿泊するためには宿泊料金を支払うわけですが、泊まること以外に、無料で提供されるサービスが増えているのです。無料とはいっても、もちろん料金に転嫁されているわけですが、同じ料金であれば、無料サービスのあるホテルを選びたくなるのは人情というもの。今回は、ビジネスホテルの無料サービスについてみていきたいと思います。

朝食が無料

一般的に料金の安い低廉型のビジネスホテルでみられる無料朝食。シンプルな内容ですが無料で朝食が食べられるのは嬉しいもの。一方、割高のハイクラスなビジネスホテルは内容を充実させた上で有料というケースが多く、低廉型なのに無料という「逆転現象」がみられます。「東横イン」「ルートイン」「スーパーホテル」といった有名チェーンで積極的に導入されています。ブッフェスタイルも導入され、ご飯にパン、煮物焼き物、サラダ等の各種メニューを提供しています。これが無料?といった内容も多く、無料朝食でホテルを選ぶ利用者もいます。

夕食まで無料

無料朝食の内容でビジネスホテルを選ぶ利用者もいるほどの人気ぶりの無料サービス。遂に無料夕食を提供するホテルチェーンまであらわれました。愛知県を中心に展開する「ABホテル」では、多くの店舗で朝食ばかりでなく何と夕食まで無料です。丼もの等の簡易な内容ですが、味噌汁なども提供されています。何より温かい料理は嬉しいもの。仕事で疲れたサラリーマンや、リーズナブルな旅をするファミリーなどに大好評です。また、ドーミーインチェーンでは、21時半から23時までの時間帯で「夜鳴き蕎麦」と称するシンプルなラーメンを提供しています。無料夜食といえるでしょう。

大浴場が無料

前出の「ドーミーイン」は天然温泉大浴場でも有名。もちろん無料です。チェーンの施設数が多いので、もちろん全施設に天然温泉というわけにはいきませんが、対象施設は、ホテル名に「天然温泉」「●●温泉」というワードを冠しています。露天風呂やサウナ、水風呂も配されており、そのスイリッシュな雰囲気といい、お得感があります。また、「アパホテル」 や「ルートイン」「スーパーホテル」といった大手チェーンも、大浴場が積極的に導入されていることで知られています。ビジネスホテルで癒しの時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

究極の無料尽くしホテル

大阪天王寺の駅近にある「ホテルバリタワー大阪天王寺」の無料尽くしは驚愕です。ビジネスやプライベートにも利用できるリゾート感溢れるホテル。無料アメニティコーナーには、各種入浴剤、リップクリーム、マニキュア落とし、メガネフレッシュクリーナー、タブレットペン、青リンゴゼリーや杏仁デザートといったデザートまで無料で提供されています。更にワインまで無料。ゲームセンターでは各種ゲームにマッサージチェアまで無料です。

ホテルは、利用者の支持を得ようとあの手この手でサービスを充実させていますが、無料分があからさまに料金に反映されていれば魅力も半減。やはり、これほど安いのに無料のサービス?というコストパフォーマンスが重要になるでしょう。 

教えてくれたのは……
瀧澤 信秋(たきざわ のぶあき)さん

undefined

 

All Aboutホテルガイド。ホテル評論家として、国内のホテルを精力的に取材。利用者目線でホテル業界全般や、サービス、ホスピタリティ、クレーム対応、ホテルグルメ等について、ホテル経営者やスタッフなどへの綿密な取材の上、各種媒体を通じて情報を発信している。また、旅行作家としても活躍。ホテルや旅のエッセイなど多数発表し好評を博している。

★瀧澤さんのホテル記事をもっと読みたい人はコチラへ!

【関連記事をチェック】
狙い目はこの時期!季節ごとのお得なホテルの泊まり方
格安の「公共の宿」「カプセルホテル」徹底活用法!
サービスが料金以上!お得ビジネスホテルを狙え!
評論家が伝授! カプセルホテルの選び方・泊まり方
東京のホテル難民は見逃せない!横浜方面のホテル

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。