写真撮影/写真撮影に役立つ100均グッズの選び方・使い方

100均を活用!プロっぽく“光る小物”を撮る裏ワザ(2ページ目)

銀色に光るもの、フォークやナイフ、ジュエリーなど小物を撮るときにやっかいなのがライトの当て方。なかなかうまくできないときに役立つ撮影方法をご紹介します。今回は100均グッズのLEDライトを使い作例を撮影。身近なものでもこんなに効果があるというのを実感してもらえるはず!

瀬川 陣市

執筆者:瀬川 陣市

写真撮影ガイド

トレペの白い帯が映るように撮るのがポイント

光物撮影

LEDライトを1灯使い、シルバーのフォークを照らして撮影してトレーシングペーパーの効果を比較していく。


ここでは、シルバーのフォークを被写体にします。LEDライトの光を直接当てて撮影した例と、トレペをLEDライトの前面につけて撮影した例を比較していきます。

光物撮影

トレーシングペーパーをつけないLEDライトを当てて撮影したフォークの先の部分。シルバー部分があまり明るく写っていない。


まずは、LEDライトの光を直接当てて撮影した例。光は当たっているものの、フォーク自体のシルバー部分はあまり明るくは写っていません。このようなシルバー系の被写体にどれだけ強い光を当てても同じような写りにしかなりません。

光物撮影

トレーシングペーパーをつけたLEDライトを当てて撮影。フォークに白い反射が入り写るようになった。


今度は、トレペをつけたLEDライトで照らして撮影した例です。こちらはフォークの先の部分に白い写り込みがはっきりと入りました。この白の写り込みを入れることでメリハリをつけた写真になるのです。

これはグラスや瓶などガラス製品を撮るときも同じです。ライトにトレペのような白く透けるものをつけて、それ自体を被写体に反射させ白い写り込みを入れて撮るようにします。

トレペをつけたライトを使い白い写り込みを入れるときは、被写体とライトの角度によって写り込み方が変わります。レンズを通して白い写り込みが見えているかを確認しながら撮影していきましょう。

光物系の小物などを撮るときに活用するとよりレベルアップした写真が撮れるようになります。

 

 

【編集部おすすめの購入サイト】
Amazon で写真撮影関連の商品をチェック!楽天市場で写真撮影関連の商品をチェック!
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます