日々の生活の中で「不満」ってありますよね。「今日こんなことがあってね~」と、友人や家族に吐き出してスッキリすることもありますが、本気で「どうにかして欲しい」と思うこともあります。

そんな諸々の「不満」が、お金になるとしたらどうでしょう?吐き出しまくりですね!あなたの「不満」を買い取ってくれるアプリ『不満買取センター』をご紹介します。

吐き出した「不満」は査定されてポイント化

トップページ

キャンペーン中の不満は買取価格も2倍!?


アプリのトップページには高額買取のキャンペーン項目があります。例えば「レンタカーのサービスへの不満を募集中!」のように、指定された「不満」を投稿すると高額買取の対象となります。まずはここをチェックして売りたい「不満」があるか確認してみましょう。

amazongift

買い取られた「不満」はポイント付与され、そのポイントはAmazonギフト券に交換することができる


投稿した「不満」は買取の可否・いくら(ポイント)になるかを査定されます。買い取られた「不満」にはポイントが付与され、貯まったポイントはAmazonギフト券と交換することができます。レートは1ポイント1円で、500ポイントから交換できます。

※現在、大変込み合っているようで査定に1ヶ月前後かかるようです。

具体的な「不満」ほど高額買取

point

細かく記入するのが高額買取のコツ


「不満」を売るにはいくつかの入力項目があります。任意のものもありますが、なるべく細かく入力するほど高額査定になります。カテゴリ・会社名・店舗名・商品名などを具体的に入力するとポイントアップ!

最もポイントアップが期待できるのは「不満の改善案」です。こちらは任意ですが、吐き出すだけではなく改善案を提案することで高額買取につながります。ある日その改善案が採用されていたら嬉しいですよね。

mypage

マイページで買取の可否と予測ポイントが確認できる


マイページでは「不満」の投稿数や獲得ポイントなどを確認できます。右端の「ワカル」とは、投稿した「不満」に対して同意された数字です。この同意数も査定にいくらか関係するかもしれません。

「不満」はクレームばかりではない

human1

「不満」というより「愚痴」のような日常的な心の声もあり


ユーザーの投稿した「不満」を見るのも面白いです。新しい発見があったり「そうそう、私もそう思う!」と共感するようなものもあったりetc。

中には「不満」と言うより「愚痴」のような、心の声を吐き出した投稿もあります。どうにもできないけれど「わかるな~」と思ったら「ワカル」をぽちっとすると、励みになるかもしれません。

human2

高額買取が期待できるのは、具体的なサービス名と改善案の記載された投稿


「不満」は単にクレームだけではなく、もっと良くなって欲しいからこその改善案を述べた投稿もあります。こうした意見こそがこの『不満買取センター』アプリの求めているものだと想定されます。

まとめ

このアプリは調査会社が開発したもので、消費者が持つ「不満」を各企業のサービスや商品の改善のために役立てる目的で作られました。今年3月にリリースされて以降、すでに投稿数が多くて処理しきれない状況になっているようです。みなさん「不満」がたくさんあるのですね。投稿するならぜひとも高額査定を狙って具体的に・改善案まで記入すると良いのではないでしょうか。

しかしこのままでは運営会社は、自社サービスの「不満」を買い取ることになってしまうのでないかと心配です。多くの企業が「不満」を買い取って、サービス向上につながればと願うばかりです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。