イングレスのポータルになっている田中食堂


今年の2月に行われたAll Aboutのガイドさんたちが集うRed Ball Japanでテクノポップガイドの四方さんから声をかけられた。「増田さん、イングレスはやってないんですか?」。いや、やってない、っていうか初めて聞いたよ、それなに?

「グーグルマップを利用した位置情報ゲームですよ。散歩と親和性が高いから、散歩ガイドの増田さんはやったほうがいいですよ」といおっしゃる。そりゃ、やってみなくちゃ。四方さんに教えてもらいながらスマホでアプリをインストール。GoogleのIDですぐに始められるようだ。
最初はぼちぼちやってた

これがイングレスの画面

3月はぼちぼち散歩の途中に遊んだりした。ポータルをハックしアイテムをゲットしたりしていくのだけれど、けっこうこのあたりでレベルアップしていく。歩きながら遊んでいると、飲食店がポータルになっているものがあることに気が付いた。たとえば、稲荷町駅の田中食堂。
老舗の定食屋さんだ

イングレスのポータルになっている田中食堂

実際の店舗ファッサードはこんなかんじ。創業から100年以上続いているという有名なお店。実はこの店、以前も来たことがある。
老舗の食堂としてとても有名

田中食堂 台東区東上野3-5-13

散歩の途中、この田中食堂を見つけ、ああ、これが有名なお店なのかと思い、表に貼られたメニューに目をやれば、なんとウィンナー定食というのがあるじゃない。するすると吸い込まれるように入店し、ウィンナー定食(550円)を注文した。
これが、なんとも懐かしい赤ウインナー

ウィンナー定食 550円

ごはん、お味噌汁、香の物、ウィンナー、付け合わせのマカロニサラダと、どれもおいしくて、これはまた来なくちゃと思っていた。

というわけで、先日行ってきた。たしか、冷奴定食っていうのがあったと思って、注文。どうやら、冷奴は単品しかないようだ。でも、大丈夫、定食にできるのだそうだ。
ものすごくおいしい!

冷奴定食@田中食堂 500円

夏の暑い日で、食欲がなかったんだけれど、これがおいしかった。いいぞ、田中食堂。こりゃ、また行くしかないね。