渡す時に耳打ちしたい、『とらや』の手提げ袋秘話

ガイド:私は「つまらないものですが」と言って手土産を渡すより、「このお菓子にはこんなエピソードがあって」とちょっとした話を添えたほうが受け取る側も盛り上がると思っているのですが、『とらや』にはそういったトリビアのようなものはありますか?

雛井籠

とらやには安永5年(1776)につくられた 「雛井籠」が残されています

関井:
とらやの手提げ袋をご覧になったことはありますか。

編集部F:黒地に金の虎が描かれている?

関井:そうです。とらやでは「躍動する虎」と呼んでいます。あの手提げは、安政5年(1776)につくられた「雛井籠」のデザインが元になっているんです。雛井籠は御所などに雛菓子(桃の節句にちなんだお菓子)をお届けする際に使われた重箱なので、時代が変わって箱から紙袋になっても、お菓子を運ぶという役割は引き継いでいるんですね。

ガイド:うーん、知れば知るほどやはり『とらや』は歴史が深く、長い間の信頼があるからこそ、親しい人・親しくなりたい人へ贈りたいブランドですね。これからはそのエピソードを添えて、とらやの和菓子を渡したいと思います。

今回は色々教えていただいてありがとうございました。


他の和菓子店を取材すると、店主の口から「やはり『とらや』は格別に美味しい」という話が度々出ます。プロにも支持され、全国各地に店舗がある身近な老舗で的確な商品選びができれば、大人の女性の素敵さにも磨きがかかるのではないでしょうか。

<DATA>
とらや 赤坂本店
住所:東京都港区赤坂4-9-22 
TEL:03-3408-4121(代)
営業時間:8:30~19:00 (平日)/8:30~18:00 (土・日・祝)
アクセス:東京メトロ『赤坂見附』駅より徒歩7分
*2015年10月7日(水)をもって建て替え工事のため休業

■アラフォー女性は「bliss」をチェック!
美しく最高な毎日を手に入れる。いつだって、答えは私のなかに――。ダイエット、ファッション、恋愛、グルメ……大人の女性に向けて、日々の生活や仕事をより輝かせるための情報をお届けしているFacebookページです。
https://www.facebook.com/bliss.allabout



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。