iPhone上の大量の写真や動画データを手軽に扱いたい、そんなユーザーにお勧めなのが、サンディスクのUSBメモリ「iXpandフラッシュドライブ」です。「iXpandフラッシュドライブ」は、iPhone上の写真や動画を自動同期でき、パソコンで手軽に活用できます。

iXpandフラッシュドライブ

iXpandフラッシュドライブ


iPhoneに直接挿して使うUSBメモリ「iXpandフラッシュドライブ」

iXpandフラッシュドライブは、Lightning端子と標準USB端子を装備しており、iPhoneとパソコンにダイレクトに挿すことができます。本体にバッテリーを内蔵しており、高速でのファイル転送が可能になっています。

Lightning端子と標準USB端子を装備

Lightning端子と標準USB端子を装備


iPhoneのLightning口に直接挿すことができます

iPhoneのLightning口に直接挿すことができます


iPhoneでの操作方法

iPhoneと接続するには、専用アプリ「SanDisk iXpand Sync」を利用します。

AppStoreにて無料で公開されています。この専用アプリの設定で、写真と動画を自動同期することが可能です。最初の同期はデータ量が多い場合時間がかかりますが、2回目以降は新しいデータのみを同期しますので、素早く同期が終了します。操作方法も簡単で、iXpandフラッシュドライブを挿すと、自動でアプリが起動して同期が始まります。終了したら、iXpandを抜くだけです。とても手軽に操作ができます。

専用アプリ「SanDisk iXpand Sync」

専用アプリ「SanDisk iXpand Sync」


カメラロールを自動同期

カメラロールを自動同期


PCでの操作方法

PCで利用する場合は、通常のUSBメモリと同じです。iXpandフラッシュドライブに、iPhoneの写真・動画データのすべてが保存されています。iPhoneをLightningケーブルで接続して、データを参照するより高速で手軽に操作ができます。

PCにて「iXpandフラッシュドライブ」のデータを参照している様子

PCにて「iXpandフラッシュドライブ」のデータを参照している様子


iXpandフラッシュドライブのおかげで、iPhoneに大量に保存されている写真や動画をPCにて簡単に扱うことができるようになりました。

また、いろいろなフォーマットの動画、音楽ファイルの再生をiPhone上で行えますので、PCから、動画、音楽ファイルをiXpandフラッシュドライブに保存しておき、iPhoneにドライブを挿して直接再生することが可能です。特に大きなファイルサイズの動画などは、iXpandフラッシュドライブに保存しておくことで、iPhoneのメモリを消費せずに活用することができます。

iXpandフラッシュドライブは、写真動画ファイルのバックアップに悩んでいたり、iPhoneの内蔵メモリが足りなくなってきたiPhoneユーザーにお勧めのメモリドライブです




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。