iPhone 6/iPhone 6 Plusは、画面が大きく視認性が良い分、片手で操作する際に指が届かないシーンが出てきます。特に画面上部のメニューボタンにタッチできない場合があります。ホームボタンの2回タッチで画面が半分下がり、片手操作を実現していますが、利便性は良くありません。

それでも片手で操作したいユーザーにお勧めのアイテムが「タッチ箇所追加保護ガラス Smart Glass Screen Protector」です。ディスプレイをカバーするための保護ガラスを装着するだけで、ホームボタンの左右2か所にタッチボタンが追加され、ホームボタンの横をタッチすることで、かんたんに画面上部のタッチエリアにアクセスすることができます。

「タッチ箇所追加保護ガラス Smart Glass Screen Protector」

「タッチ箇所追加保護ガラス Smart Glass Screen Protector」



機能説明

本来はディスプレイを守る保護ガラスですが貼ることでホームボタンの左右にタッチエリアが追加されます。タッチされた信号は画面上部の左右角のレスポンスエリアに伝わり画面をタッチしてくれます。

タッチエリアの仕組み

タッチエリアの仕組み


仕組みとしては、導電素材が強化ガラス内に組み込まれおり、ホームボタンの左右とディスプレイ上部の左右と連動するようになっています。


使用例

iPhone 6とiPhone 6 Plusに対応した商品がありますが、今回は、iPhone 6 Plusに貼った例を紹介します。通常の保護ガラスと同じように本体に貼ります。

iPhone 6 Plusに貼る前の「タッチ箇所追加保護ガラス Smart Glass Screen Protector」

iPhone 6 Plusに貼る前の「タッチ箇所追加保護ガラス Smart Glass Screen Protector」


ホームボタンの横をタッチすると、画面上部のレスポンスエリアにタッチしたときと同じような動作をします。写真の例では、ホームボタンの左側をタッチすることで、画面上部のレスポンスエリアの「カテゴリ」というボタンをタッチしたときと同じ動作をします。

ホームボタンの左右をタッチ

ホームボタンの左右をタッチ


大画面のiPhone 6 Plusでも、ホーム画面横をタッチすることで、画面上部のレスポンスエリアにアクセスが可能になります。

片手で本体を持って指が上部に届かないような場面でも操作可能

片手で本体を持って指が上部に届かないような場面でも操作可能


アプリによっては、画面上部にレスポンスエリアがない場合があり、Androidの「戻るボタン」「メニューボタン」のような一元操作の感覚とは違います。しかし、ホームボタンの横のタッチ操作で、画面上部のレスポンスエリアにアクセスできるのは非常に便利だと感じました。




販売サイト

pocketgames
「タッチ箇所追加保護ガラス Smart Glass Screen Protector」(iPhone 6 Plus用)
「タッチ箇所追加保護ガラス Smart Glass Screen Protector」(iPhone 6用)





■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。