収入を増やすための「副業」にチャレンジしてみては?

ネット副業にチャレンジ!

ネット副業にチャレンジ!

サラリーマンの平均年収は、国税庁の「民間給与実態統計調査」によると、平成10年の465万円から平成25年の414万円まで、15年間で約50万円も減少しています。

今後も、一時的に上がることはあっても、よくて横ばい、基本的には下降トレンドが予想されるなか、25~39歳のホワイトカラー系正社員のうち5人に1人が副業をしているという、株式会社インテリジェンスの調査結果も出ています。

日産や富士通、花王といった大手企業も副業を容認するなど、企業側の姿勢も変わりつつある今こそ、収入を増やすための「副業」にチャレンジするベストタイミング。

そこで今回は、簡単に始められるインターネットを使った副業をご紹介します。なお、いまだにインターネット上に氾濫するマルチレベルマーケティング(いわゆる「ねずみ講」)の類や、FXなど元手が必要な投資系は除いてあります。

それではまず、王道ともいえるeBayから。

個人でも円安のメリットを最大に生かせる副業

■eBay
(http://www.ebay.com/)

個人でも円安のメリットを最大に生かせるのが、世界最大規模のネットオークションサイト、eBayを使った「輸出業」です。昨年あたりからAmazonマーケットプレイス(http://www.amazon.com/)の人気も急上昇していますが、ユーザー数が多い、初期投資および固定手数料が不要、高額なものが売れやすい傾向にあるなど、まだまだeBayのほうが有利な点は多いといえます。

評価が低いと売れないのは国内のオークションサイトと一緒ですが、逆に低評価セラーでも売れているものを、eBay基本機能にある「アドバンスドサーチ」でリサーチし、出品物のアタリを付けましょう。

もっとも、初期段階ではひと月に約500ドル、または10品までしか出品できないため、まずは小さくて安くて軽くて壊れにくいもの、例えば画材や木のおもちゃ、折り畳み傘などから始めるのがお勧めです。

その後、カメラやフィギュア(キャラクターだけでなく、ご当地フィギュアみやげなども面白いと思います)、和食器など、日本ならではの商品で高値が期待できるものを販売していきましょう。

アカウント作成は?決済方法は?といった疑問を解消してくれる心強いサポートサイトもありますので、夏休みに少しずつでも出品し始めてみてはいかがでしょうか。

■イーベイ(eBay)公式セラーポータルサイト
(http://www.ebay.co.jp/)

海外への販売に抵抗がある方は、やはり国内で。とはいえ、趣味レベルであれば問題ありませんが、強豪ひしめく中で日本のオークション業界に新規参入するには、売れる商品の仕入れだけで、本業並みの手間と時間を要してしまいかねません。

であれば、自分のお店(ネットショップ)を構えて、「これ」というものをロングスパンで販売するほうが、モチベーションを保てるのではないでしょうか。

無料で簡単にECサイト(ネットショップ)を作成できるサービスとは

そこで利用したいのが、無料で簡単にオリジナルECサイト(ネットショップ)を作成できるサービス。「STORES.jp」「BASE(ベイス)」あたりが有名ですが、利用者も急速に増えてきています。

■STORES.jp
(https://stores.jp/)

無料プランの場合、商品登録が5アイテムのみですが、月額980円の有料プランにすると、商品登録数が無制限になり、アクセス解析やマーケティング支援機能も提供されるとの事。特に初めてオンラインストア開設にチャレンジする女性にとって、「980円でサポート付き」は心強いのではないでしょうか。

■BASE

(https://thebase.in/)

無料で商品登録数が無制限。なのに解析機能や多彩な決済方法が用意されている、テンプレートも豊富でデザインのカスタマイズも可能、しかもアプリでも販売できるなど、まさに至れり尽くせり。スタートにあたって、ほぼリスクゼロですので、とりあえず今すぐ試してみましょう。

正直、ECサイトの作成にも抵抗が…という方には、画像をアップするだけでオリジナルグッズができ、梱包や発送の手間もない、という画期的なサービスはいかがでしょうか。

■SUZURI
(https://suzuri.jp/)

GMOグループが手掛ける新感覚ECサービス。画像をアップすると、iPhoneケースやTシャツ、マグカップなどの商品一覧が自動的に作成されます。その中から作りたいアイテムを選択し、タイトルや説明文を入力してトリブン(自分の取り分)を設定するだけ。

あとは、注文が入ったら製造ラインが勝手に動き出し、梱包・配送されて、トリブンが自分の口座に振り込まれます。SNSでシェアされて人気が出れば、簡単なのに立派な「副業」になります。

同じようなサービスとしては、ネットから3Dプリントができる「DMM 3Dプリント」があります。

■DMM 3Dプリント
(http://make.dmm.com/)

趣味として、自分の造形した3Dモデルを楽しむといった用途のほかに、3Dデータを出品して造形物を販売することもできます。

今回は以上です。もちろん、アフィリエイトやドロップシッピング、あるいはその2つを組み合わせた手法などは、既に「副業」として広く認知されていますし、やり方やサービスによっては、今でも十分有効な副業の選択肢になり得ますが、どうせこれからやるなら、新しいサービスやオリジナル性のある「副業」にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

【関連記事をチェック】
ITのプロが厳選!投資で勝つための情報分析ツール5つ
ITのプロが厳選!地震等イザという時のお金ツール4つ
ITのプロが厳選!お金持ちを目指す家計管理ツール5つ
ITのプロがクーポンゲットツールを徹底比較!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。