Facebookページがちょこちょこっとアップデートされています。まだ一部のページにしか展開されていないようで、この機能が使えないこともあるかもしれませんが、おそらく近日中に使えるようになると思います。

新機能はいろいろあるのですが、Facebookページの運用者が押さえておきたい主なものをまとめてみましょう。

返信時間

Facebookページにユーザーからプライベートなメッセージを受け付ける「メッセージ」機能があります。

新機能の返信時間では、過去7日間に受け取ったユーザーからのメッセージの90%に対して、返信時間の中央値が5分以内で返信すると、ページのカバー写真の下に、 [返信が早い]のアイコンがオンになります。

返信時間が早いとアイコンが表示されるようになった

返信時間が早いとアイコンが表示されるようになった



中央値......平均値ではないのか?と思って英語版を見ると、average(平均値) と書いている部分と、median(中央値)と書いている部分が混在していました。おそらく平均値が正解なのではないかと思いますが、判定の詳細は不明です。

いずれにせよ、Facebookページのメッセージは、どのページでもそれほど多くやりとりがあるものではありません。返信時間を5分以内にするのは、至難の業。なかなかアイコンをゲットするのはハードルが高く、設定がチューニングされることに期待です。

このハードルをクリアしているページを発見しました。
日本語版の表示は「メーセージへの返信時間: 良好」となっていました。
メッセージの返信時間

メッセージの返信時間

ユーザーはこのアイコンが表示されているところは、すぐに返信をくれるページだと認識できます。問い合わせたいことがあったときに、このアイコンが表示されているページなら、すぐに返事がもらえるのでFacebook経由で問い合わせる、という人が増えるというメリットがあります。

ニュースフィードのトップに表示

Facebookページの投稿は、ニュースフィードに表示されにくくなっています。せっかくFacebookページに「いいね!」をしたのに、ニュースフィードに表示されないということも。

それを回避するために、ユーザーがFacebookページに「いいね!」をした時に、ページの投稿を「ニュースフィードのトップに表示」することを選択で きるようになりました。複数のページをトップに表示するように設定することもできます。なお、この機能は一般のユーザーに対しても使えます。友達やフォ ローしているユーザーなど、投稿を見逃したくないユーザーはトップに表示するといいでしょう。


ニュースフィードのトップに表示

ニュースフィードのトップに表示



モバイル時代になって、特にニュースフィードのトップに表示されることはリーチをあげる上でも重要です。Facebookページ運用者は、ユーザーに呼びかけるなどして、機能の使い方の普及をする必要があります。


投稿の下にリーチと投稿クリックなど


こちらも一部のページのみ適用されている新機能です。
管理者でページを表示すると投稿の下にリーチと、リーチ率(?)、投稿クリック数が表示されます。


投稿の下にリーチなどが表示される

投稿の下にリーチなどが表示される



リーチ率に?をつけたのは、計算上のリーチ率と表示される%に差があるからです。また「平均以上」「平均以下」と表示されますが、これも何と平均しての評価なのかが不明です。例えば、あるページでは、51%で「平均以下」と表示されていることもあれば「20%」で平均以上と表示されていることもありました。

英語版では、この表示はないようです。

「インサイトを表示」をクリックすると、その投稿のインサイトが表示されます。投稿が獲得した「いいね!」やシェアの数が確認できます。この表もわかりにくいのですが、一番左側が合計数、真ん中が投稿そのものが獲得した「いいね!」やコメントなど、右側がシェアされた先で獲得した「いいね!」やコメント数です。

投稿の簡易的なインサイトが表示される

投稿の簡易的なインサイトが表示される




インサイト動画


インサイトで動画の再生数が確認できるようになりました。
これまでも、動画投稿では、その動画の再生時間などを詳しく表示できましたが、ここではページ全体の動画の閲覧数などを確認できます。

インサイト(動画)

インサイト(動画)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。