プライベートブランド花盛り!

最近のスーパーマーケットやコンビニエンスストアは、どの会社もプライベートブランドの商品を数多く販売しています。その中でもイオンの『トップバリュ』はおなじみですが、ライバルのセブン&アイが出している『セブンプレミアム』と『セブンゴールド』も品揃えが多く、お召し上がりになった方も多いかと思います。

そこで今回は、セブンプレミアムとセブンゴールドの食べ比べを行い、この2種類のシリーズがどのように違うのか調べてみたいと思います。


金の食パン(128円) vs 毎日の食パン(85円)


金の食パン毎日の食パン

金の食パン・毎日の食パン

セブン&アイの食パンは「さっくりタイプ」と「しっとりタイプ」がありますが、今回は「さっくりタイプ」を比べてみました。

金の食パンと毎日の食パンの厚さ比較

金の食パンと毎日の食パンの厚さ比較

セブンゴールド『金の食パン』は2/5斤を2枚スライス、セブンプレミアム『毎日の食パン』は1/2斤を3枚スライスしており、厚さが異なります。

 

金の食パンと毎日の食パントースト後

金の食パンと毎日の食パントースト後

トーストしてみました。『金の食パン』は少し時間が経ってもさっくり感が続くのに対し、厚みの違いのせいなのか、『毎日の食パン』は同じ時間でもヘナヘナになってしまいます。『金の食パン』はクリームやはちみつも使っているせいか、甘みもありました。

 


金のウインナー(354円) vs カルシウム入り皮なしポークウインナー(118円)


金のウインナーカルシウム入り皮なしポークウインナー

金のウインナー・カルシウム入り皮なしポークウインナー

セブンゴールド『金のウインナー』はおつまみ向け、セブンプレミアム『皮なしポークウインナー』はお弁当向けだと思います。

どちらもケチャップやマスタードを付けずに素のまま食べてみました。『皮なしポークウインナー』は適度な味付けとサイズで用途どおり、お弁当に最適だと思いました。

『金のウインナー』は大きさが前者よりはるかに大きいこともあり、噛んだ途端に肉汁がたくさん出てきました。このウインナーだけでも十分おかずになります。

次はカレー・ハンバーグなどのレトルト食品!