8月に上がりやすい業種は?

8月相場は、軟調に推移しやすい時期ということで有名ですが、そんな8月相場の中でも、上昇傾向の強い業種がいくつか見られます。そこで今回は、8月相場にどのような業種が上がりやすいのかを調べてみました。

■8月株式市場の傾向

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
検証対象:日経平均採用銘柄(225銘柄)
検証期間:1990/03/01~2015/06/30
1銘柄当たりの投資金額:20万円

買い条件
・7月末の最終営業日の寄り付きで買い

売り条件
・25日経過後の翌日営業日寄り付きで売り
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

7月末に、ある業種の銘柄を全て購入し、25日経過後に売却した場合について検証を行います。仮に、勝率が50%以上で、損益がプラスならば、8月は株価が上がりやすい月となります。反対に、損益がマイナスであるならば、8月は下がりやすい月と言えるのではないでしょうか。

以上のルールで過去のデータを用いて検証しました。

8月相場で好調だった2つの業種

■8月相場で好調だった業種、その1:建設(8銘柄)
システムトレードの達人

システムトレードの達人


勝率: 61.83 %
勝ち数: 115 回
負け数: 71 回
引き分け数: 0 回

平均損益(円): 2,835 円  平均損益(率): 1.42 %
平均利益(円): 12,601 円  平均利益(率): 6.30 %
平均損失(円): -12,983 円  平均損失(率): -6.49 %

合計損益(円): 527,232 円  合計損益(率): 263.63 %
合計利益(円): 1,449,060 円  合計利益(率): 724.56 %
合計損失(円): -921,828 円  合計損失(率): -460.93 %

プロフィット・ファクター(合計利益÷合計損失): 1.572
平均保持日数: 27.28 日

■8月相場で好調だった業種、その2:不動産(6銘柄)
システムトレードの達人

システムトレードの達人


勝率: 59.35 %
勝ち数: 73 回
負け数: 50 回
引き分け数: 3 回

平均損益(円): 4,697 円  平均損益(率): 2.35 %
平均利益(円): 17,577 円  平均利益(率): 8.79 %
平均損失(円): -13,826 円  平均損失(率): -6.91 %

合計損益(円): 591,823 円  合計損益(率): 295.92 %
合計利益(円): 1,283,136 円  合計利益(率): 641.59 %
合計損失(円): -691,313 円  合計損失(率): -345.67 %

プロフィット・ファクター(合計利益÷合計損失): 1.856
平均保持日数: 27.28 日

以上が、8月相場の中でも上昇傾向が強かった2業種の検証結果です。検証結果を見てみると、どれも勝率が50%を上回っており、1トレードあたりの平均損益は約+1%を上回る結果となりました。勝率が5割より高く、平均損益もプラスになっていることから、建設、不動産の2業種は、8月に上がりやすい傾向があると判断できるでしょう。

上記でご紹介した2業種は、8月相場において上昇傾向が強いことが分かりました。一方で、日経平均株価に採用されている全35業種のうち、残りの33業種は、上昇傾向が見られませんでした。8月は、下落傾向が強い業種が大半を占める検証結果となり、1年の中でも特に相場全体の下落傾向が強いことから、8月に新たに株式の購入を検討している方は、買い付けるタイミングに注意が必要でしょう。

今回の検証でご紹介した2つの業種は8月相場の中でも上がりやすい傾向がありました。では、これらの業種の中でも上昇傾向が強かったのは、どの銘柄だったのでしょうか? 最後に、8月相場で上昇傾向の強かった2業種の中でも、特に好調だった銘柄をご紹介します。


8月に好調な銘柄ランキング(建設業、不動産業)

システムトレードの達人

システムトレードの達人


上記の表は先ほどの検証結果において、特に勝率の高かった銘柄のランキングです。ランキング上位の銘柄から特徴を見ると、「清水建設<1803>」「鹿島建設 <1812>」「東京建物<8804>」「住友不動産<8830>」などが、8月相場に上昇しやすい銘柄だといえるでしょう。

8月はお盆の時期でもあるため、個人投資家や機関投資家が夏季休暇に入り、投資を控え、買い意欲が衰える傾向があると考えられます。もしあなたが、8月に株を購入しようとお考えならば、今回ご紹介した2つの業種(建設、不動産)に注目してみてはいかがでしょうか。

業種や個別銘柄は、月によって、株価が上がりやすい月と、下がりやすい月があります。今回のように簡単な検証をすることで、8月の投資戦略を考える上での、有効な判断材料の1つになることでしょう。なお、8月は株式市場全体が軟調に推移しやすい傾向があります。このような難しい相場の中でも、過去の勝率が低い銘柄をトレードするよりは、成績が良好な銘柄をトレードした方が、よりリスクを抑えることができるでしょう。

【期間限定】今回の検証ができる株式投資ソフトのフリー版を無料プレゼントします。こちらをクリックください。

(このテーマでの検証については、【システムトレードの達人】を使って検証しています。記事の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性、利用者にとっての有用性を保証するものではありません。当社及び関係者は一切の責任を負わないものとします。投資判断はご自身の責任でお願いします。)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。