始まったばかりの夏ですが、終わってしまうと「もうちょっと楽しんでおけばよかったかな」なんて後悔したことはありませんか。短い夏を満喫するためには、気分を上げる工夫が必要です。インテリアを夏っぽく変えてみるのは、意外に効果的だったりします。

ニトリのブルー系クッション×ミニラグを
お値段以上に使いまわす

ニトリ/IKEAで作るリゾート風インテリア

シンプルでなんてことない普通のソファも、クッションふたつで変わります! Laugh Smile Shareとプリントされた、ニトリの“クッションカバー(レタード15)”555円(税別)、シンプルな“クッションカバー(ホーム 2 BK)”380円(税別)を、“フロアマット(キリム サン 45×75)” 925円(税別)と組み合わせ。税込でも2010円でお釣りがきます

手軽な模様替えの方法としてオススメなのは、クッションカバーを変えること。ひとつではなく複数個のカバーを変えることで、「これまでと違う」のが一目瞭然。カバーだけなら、お値段も手軽。

ニトリなら、他のお店に比べてぐーんとお安いものが見つかります。ちなみに、目を引くデザインのクッションは同系色のシンプルなものとセットにすると、より引き立って見えます。
ニトリ/IKEAで作るリゾート風インテリア

アウトドアにラグやクッションを持ち出せば、一気に高級リゾート風! なお、クッションカバーのサイズはいずれも45センチ角ですが、写真ではIKEAの50センチ角のヌードクッション(中材)を使い、ふっくら感を出しています

クッションと組み合わせると効果的なのはラグ。ミニサイズなら取り入れやすく、使わない時は収納もしやすいので模様替えには便利です。一人掛けソファと組み合わせるだけではなく、時には庭や近所の公園に持ち出して使ってみましょう。ちょっとしたリゾート気分が味わえます。

クッションカバーもミニラグも、そもそもがニトリゆえのお手頃価格。多少汚れても気軽に洗って使いまわせるのがいいですね。夏の楽しいシーンを演出するのにワンシーズン使い倒すくらいの気持ちでOKです!

IKEAの天蓋ベッド用ネットで作る
ロマンティックなリゾート空間

ニトリ/IKEAで作るリゾート風インテリア

左:憧れの天蓋ベッド! IKEAの“BRYNE ネット”なら、わずか1499円(税込)でお姫様気分を味わえます。 右:ベッドじゃなくてもお姫様気分は味わえます。うっかりネットを踏んだりしないよう気を付ければ、床にクッションを並べて異国情緒あふれるコーディネートも楽しめます

女の子なら誰しも憧れたことのある、天蓋ベッド。IKEAのBRYNE ネットを使えば簡単に作れます。雰囲気を楽しむなら一人掛けのソファやチェア、場合によってはクッションを組み合わせても床でくつろぐスタイルでも大丈夫。天蓋ベッドはお子さんが喜びそうですが、ロマンティックなアイテムを組み合わせれば、大人っぽい高級リゾート風の一角を作り出すことだって可能です。

天蓋ベッド用ネットと組み合わせるべきIKEAのアイテムは?

リゾート感を演出するなら、いくつかの小道具は必要です。まずは、電池で点灯するLEDのキャンドル。STÖPEN というシリーズ名のキャンドルをチェックしてください。また、2015年のIKEAの新作DOFTRIKシリーズはオリエンタルテイストのデザインで、リゾート空間を演出するのにぴったりです。
ニトリ/IKEAで作るリゾート風インテリア

写真左:“DOFTRIKティーライト用ランタン 室内/屋外用 ブラック” 1299円と“DOFTRIKティーライトホルダー ブラック”399円はぜひともセットで使いたい(ティーライトホルダーは他にもゴールドとシルバーがあります)。 写真右上:IKEAの電池式LEDキャンドルは火災の心配が要らないので便利です。 写真右下:コマンドフックは額を掛けるのにも使えます

さて、「このネット、どうやって吊り下げたらいいの?」という疑問をお持ちの方も多いはず。ネットのてっぺんを、どこかに引っかける必要があるのです。ガイド・くろだが使ったのは、3M(スリーエム)のコマンドという製品。

公式には壁紙には適さないということですが、築8年のマンションの梁に500g用のコマンドフックを取り付けたところ、特に問題なくネットを吊るせましたし、フックも簡単に剥がせ、壁紙が破れることもありませんでした。ホームセンター等で販売されているので、是非チェックしてみてください

めんどくさいのはイヤ!
もっとお手軽・簡単にリゾート気分を味わうなら

ニトリ/IKEAで作るリゾート風インテリア

この記事のコーディネート事例(写真1枚目、2枚目)でも使っている、IKEAのDOFTRIKトレイ シルバーカラー 899円(税込)を、天蓋ネットのコーディネートでも使っているキャンドルホルダーと一緒に使っています。トレイがキャンドルホルダーと同じモチーフなので、整った印象になりますよ

暑い日が続くとしても、夜はやっぱり過ごしやすいですよね。そんなときはベランダにテーブルを出して、キャンドルの明かりでくつろいでみては? どうしても暑いのが苦手なら、部屋のあかりを消して、キャンドルナイトを体験するのもいいですよ。

夏を満喫するための買い足しアイテム、ぜひお好みのものを見つけて、短い季節を存分に楽しんでくださいね!

【関連記事】
インテリアスタイリストお薦めの100均・300均グッズ
自宅でカフェ気分を味わうためのコーヒーグッズ
ニトリのフェイクグリーンを上手に飾るテクニック



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。