お気に入りの一杯がきっと見つかる!地ビール巡りツアー

出来立てのビール

ビール酒造所ならでは、出来立てのビールで乾杯


全米には3000を超えるクラフトビールメーカーが存在します。日本ではなかなか手に入らない、職人たちが丹精込めて作り上げた一杯をめぐるお気に入りの地ビール探しの旅なんて、いかがでしょう?

ひとことで「地ビール」といっても、土地や職人によって味も色も様々。地ビールを楽しみたいけど、どんな種類があるんだろう? どこに行けば飲めるの? そんな疑問を解消してくれるのが、ビール工場やバーをめぐり試飲ができるオプショナルツアーです。もちろんガイドがついているので、お好みにあったビールを提案してもらえるのも魅力です。また思考をこらしたネーミングやラベルはユニークなものが多いので味とともに注目してみてくださいね。

北米の地ビールを楽しむおすすめオプショナルツアー

日本でも地ビールが人気の昨今ですが、北米にも多くの地ビールがある事をご存知ですか。各土地の特徴を生かし、職人が作り上げる地ビールを飲み比べて、お気に入りの一杯を見つけてみるのはいかがでしょうか。今回はエリアごとにおすすめのオプショナルツアーをご紹介します。

■アメリカ東海岸(ボストン/ニューヨーク)
工場の裏側

普段は見ることのできない工場の裏側に潜入します

ボストンにはアメリカのビールフェスティバルで何度も入賞し、世界的に有名な「サミュエル・アダムス」の工場があり、工場見学と贅沢にも出来たてを試飲する事ができます。最近人気の観光スポットとなっているブルックリンにも、ニューヨーカーに愛されるビールを作っている工場があります。工場見学は味の魅力はもちろん、作り手の顔がみえるというのもおもしろさの一つではないでしょうか。


■アメリカ西海岸(サンディエゴ/シアトル)
REDHOOK

シアトル地ビール『REDHOOK』のイメージです

西海岸で作られたビールは爽やかな柑橘系のホップを使用したもの多く、香りと苦みが特徴的です。またサンディエゴはクラフトビール発祥の地であったり、シアトルには80年代からある老舗も多く点在しています。ぜひ地元の人々に長く愛されている味を味わってみてください。



 
■カナダ(バンクーバー/ホワイトホース)
カナダビール

地元のパブでは地ビールを取り扱うところも多くあります

カナダのクラフトビールも忘れてはいけません。カナダには良質な麦とおいしい水が揃っており、それらを使った新しい品種がここ数年、次々と展開されています。カナダでは西はイギリス、東はアメリカと影響された文化が異なるので、ビールの製法も風味もやはり異なります。またカナダならではといってよいのでしょうか、メープル風味などがあるのもおもしろいですね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。