顔まわりに三角形を作ると、かわいさが大幅にアップ

片編みツイストが主役の華やかなヘアアレンジは、洋服にも映えるスタイル。小物次第でガラリと印象が変化します。正面から見たとき、頭のてっぺんと顔まわりの髪を結んだラインが△の形になるようにすると、かわいらしさが大幅にアップ。
hair&make 西岡卓志(AFLOAT JAPAN)

hair&make 西岡卓志(AFLOAT JAPAN)



ベースのスタイル

斜めバングのミディアムヘア×ペールピンク

斜めバングのミディアムヘア×ペールピンク

まだまだ湿度が高く、髪が広がりやすい季節。表面を長めに残したローレイヤーベースの重めデザインで、まとまりやすさを意識。ほんのりとベージュ系ピンクが混じるカラーは、この夏のオススメです。

おすすめのタイプ

顔型:丸 逆三角 面長
髪量:すべて
髪質:普通~細め
クセ:すべて(あった方が良い)



ヘアアレンジの方法・やり方

思い切ってかくんと折り目をつけて

思い切ってかくんと折り目をつけて

1.全体的に根元までコテでしっかりと巻き込みます。前髪以外のトップの髪に、ストレートアイロンで“折る”ようにクセづけ。こうするとクセが落ちにくく、トップのふんわり感を長時間キープできます。

 

ハチ上の髪をくるりんぱ

ハチ上の髪をくるりんぱ

2.顔まわりの髪を残し、ざっくりとハチ上の髪を集めてハーフアップに。毛先をゴムで結び、結び目を内側に返してくるりんぱ。毛先を2つに割り、キュッと締めてから、トップを引き出しふんわりと。

 
できるだけ毛先で留める

できるだけ毛先で留める

3.残りの髪を、片側ずつえり足まで片編みにし、毛先はツイストしてゴム留め。

 
一度で留めようとしなくてOK

一度で留めようとしなくてOK

4.(2)で作った結び目の下をくぐらせて、反対側でピンで留めます。毛先は結び目の中に隠しましょう。逆側も同様に。

 
小物を飾って完成!

小物を飾って完成!

5.中央に残した毛先を丸めてピン留め。鏡で重心を確認して、重心が軽い側に丸めるとバランスよくまとまります。

 

次ページでは、上手く仕上げるポイントをご紹介します。