スティックジェラート専門店「popbar」(ポップバー)

popbar

popbar

ニューヨーク発のスティックジェラート専門店「popbar」(ポップバー)が、日本進出第1号店を渋谷駅と表参道駅の中間の青山通り沿いに2015年6月25日(木)にオープン!
カラフルな色彩のジェラートは、すべて着色料や香料、粘着多糖類などの添加物は含まれず、素材はシーズンのベストなもの、そしてフレッシュな作り立てを提供されています。

ダニエル(左)、ルーベン(右)

ダニエル(左)、ルーベン(右)

「popbar」を始めたのはドイツ生まれのダニエル氏とイタリア生まれのルーベン氏。
ニューヨークのウエストヴィレッジに2010年5月に最初のお店をオープン。2人が本来のイタリアのジェラートの味の恋しさに、本格的なジェラートを提供するお店を作る事を決めたのがきっかけです。

イタリアンジェラートの伝統的なレシピを元に作られたスティックジェラートをどうやって固めているか質問しましたが、秘密だそう。

一見固いアイスキャンデーを思い浮かべますが、食べてみると口の中ですっと溶けていく、柔らかな口どけが印象的です。

カラフルでも着色料などの添加物が入っていないのが嬉しい

カラフルでも着色料などの添加物が入っていないのが嬉しい

スティックジェラートのフレーバーは大きく分けると「ポップジェラート」「ポップソルベ」「ヨーグルトポップ」 の3種があります。
「popbar」定番のフレーバーを含め、全26種類のラインナップを日替わりで常時12種揃えています。

さらに、7種のトッピング(ポッピング)と4種のソース(ディッピング)をチョイスしカスタムすることで、オリジナルの組み合わせが無限に広がります。

ポップジェラートのピーナツバターに、トッピングはココナッツとキャラメルポップコーン、さらにソースはダークチョコレートとホワイトチョコレート

ポップジェラートの「ピーナツバター」に、トッピングは手前に「ココナッツ」と裏側に「キャラメルポップコーン」、さらにディッピングのソースは「ミルクチョコレート」と「ホワイトチョコレート」のハーフ&ハーフ


「トッピング(ホッピング)」や「ディッピング」はハーフとフルを選ぶことができ、さらにフルの場合は2種類のトッピングやディッピングのソースをチョイスできるという、わがままなオーダーもかなえてくれます。

たとえば、「トッピング(ホッピング)」をフルで注文すると、ココナッツとアーモンドを片面ずつハーフ&ハーフで…
「ディッピング」をフルで注文すると、ソースをホワイトチョコレートとダークチョコレートをハーフ&ハーフで…などなど。

次のページでは、私のわがままに応えていただいたポップバーをご紹介しましょう!