ジャンボ宝くじを10万円分買うとしたら?

一攫千金の夢を楽しめるジャンボ宝くじ、おすすめの買い方は?

一攫千金の夢を楽しめるジャンボ宝くじ、おすすめの買い方は?

一攫千金の夢が楽しめるジャンボ宝くじ。もし、「10万円」をつぎ込んだ場合の当選確率はどれくらいなのでしょうか? また、ガイドがおすすめする有意義な買い方もご紹介します。

10万円買った場合、1等当選確率は単純計算で1/30000

ジャンボ宝くじは「1ユニット=1000万枚」を基準として、1等が1本入っています。10万円あれば1枚300円のジャンボ宝くじを330枚(10枚単位で購入した場合で計算)を買うことができます。

すると、単純計算で1000万分の330=約3万分の1まで確率を上げることができます……でも3万分の1、正直当たる気がしませんよね?

そこで、同じ3万分の1でも、より有意義な買い方を提案したいと思います。
キーワードは「より広範囲に」「しかも前後賞まで」です。

ただのバラ買いではなく、縦バラ買いがオススメ

より有意義な買い方ができるのは、「バラ買い」です。ただし、ふつうのバラ買いではありません。「縦バラ買い」というものです。

通常、バラ買いでは「連番買い」のように、前後の数字が続くことはありません。ところが、「縦バラ」という買い方テクニックを使うと、バラ買いでありながら、前後賞まで狙うことができるのです

論より証拠、まずは写真をご覧下さい。
ジャンボ宝くじを縦バラ買いしたもの

ジャンボ宝くじを縦バラ買いしたもの


これは、以前に私が購入したジャンボ宝くじでの「縦バラ」です。上から10枚ごとの縦バラ3袋(30枚)を、それぞれ3枚ずつ番号が見えるようにした状態です。

たとえば、一番上の右の券が「08組 121225」ですが、二番目の袋の右の券を見ると「08組 121226」と連番のようになっているのがわかると思います。さらに三番目の袋の右の券は「08組 121227」で続いています。

つまり、番号が縦にバラで入っている=縦バラ、というわけです。これでもし、1等が「08組 121226」であれば、前後賞も大当たり! となるわけです。

これこそがオススメの買い方、「縦バラ買い」。バラで「広範囲」を狙いつつ、「前後賞まで」欲張りに狙えるスペシャルテクニック(購入枚数は、前後賞を考えると最低でも30枚以上で買うことをオススメ)。

ぜひ、今回のジャンボ宝くじでお試しあれ。なお、売り場によっては、縦バラ購入できない場合もあるので、事前に購入する場所で聞いておくことをオススメします。

【関連記事】
年末ジャンボ2017の当選確率と買い方
宝くじの当たる確率が高い売り場、そのカラクリとは?
ジャンボ宝くじオススメの買い方!10万円使うなら?


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。