お金を借りられなくなる時代

消費者金融利用者の約半数が総量規制の対象とか。借りられなくても、あせってはいけません。

消費者金融利用者の約半数が総量規制の対象とか。借りられなくても、あせってはいけません。

改正貸金業法の完全施行により、総量規制も導入されます。総量規制とは借金できる金額は年収の1/3までです、とする規制。それにより、お金を借りることができなくなる人が増えてしまうことが懸念されています。
政府はセーフティネットを設け、改善策を講じていますが、現状では力が及んでいない状況です。

消費者金融利用者の半数が借りられなくなる

金融庁の資料によると、全国信用情報センター連合会(信用情報機関)のデータでは、消費者金融の利用者は全国に1,400万人、すなわち国民の8.5人に1人ということです。そのうち、約半数が総量規制の対象になると、日本貸金業協会のデータで公表されています。
総量規制の対象になると、新たな借入ができなくなります。その対象は年収が低くなるほど多くなり、年収300万円以内の人では7割もの人が対象になるそうです。

しかも、今までに消費者金融を利用し、7年後に完済できたという人は4割しかおらず、残り6割は借入残高が平均約3.6倍に膨れ上がっているという結果も公表されました。お金を借りることも難しく、借りてしまえば返すのが難しい、そんな時代背景を写すかのような結果です。
こんな背景を利用するかのように、以前からやみ金の存在が問題になっていましたが、最近は質の違うやみ金が多く出てくるようになりました。いわゆる「ソフトやみ金」です。