マニュアルにはない答え方

時には他の答え方をしてみると、相手の興味を引き話が広がります。ネイティブスピーカーにも感心される、こなれた言い方をご紹介しましょう。

Estupendamente.
エストゥンダメンテ
最高です。

De maravilla.
デ マラジャ
最高です。

Bueno, tirando.
ノ、ティンド
悪くはないけどね。

He pasado por tiempos mejores.
 パド ポル ティンポス メレス
まあまあだね。

Estoy atravensando un bache.
エスイ アトラベンド ウン チェ
最近上手くいってないんだ。

Estoy resfriado/a.
エスイ レスフリド/ダ
風邪をひいてる。
※話者が男性ならresfriado、女性ならresfriada

このように答えた後に、最近の出来事など、近況を語ることで挨拶からコミュニケーションが深まっていきます。

長引く別れの場面

スペイン語で別れはdespedida(デスペデダ)と言います。一番有名なのは、Adiosでしょう。
スペインの地方によっては、Adiosは少し冷たい感じがする言葉です。ガイドは、スペイン北部のバルセロナと南部のグラナダで暮らしましたが、グラナダではあまり聞かなかったAdiosをバルセロナで耳にする機会が多く、最初は戸惑いました。
都会のバルセロナでは、人々は忙しく、急いでいることが多いからでしょうか。また、バルセロナが州都であるカタルーニャ州の人は、親しくなるまで他人との間に壁を作りがちだと言われています。逆に、グラナダのあるアンダルシア州の人々はフレンドリーな人柄で知られています。
南部の人たちは特におしゃべり好きなので、despedidaが数十分にわたることも。AdiosやHasta luegoを言ったあとに、また新しい話題を持ち出してなかなか別れがたくなることが多いものです。

Adios.
アディ
さよなら。

Hasta luego./ Nos vemos luego
アスタ ルゴ/ ス モス ル
また後で。
※Hatsa luegoは、一般的なdespedidaの言葉で、再会の予定がなくても使う。

Hastamañana./Nos vemso mañana
アスタ マニナ/ ス モス マニ
また明日。

Hasta pronto.
アスタ プント
また今度。

Hasta ahora.
アスタ ア
またね。

Que te vaya muy bien,
ケ テ ジャ ビ
※「あなたにいいことがありますように」の意で、despedidaでよく使う言葉。

Dale recuedos a tu familia.
レ レクルドス ア ト ファリア
ご家族によろしく。
※親しい間柄で、家族を気遣うdespedidaの言葉。

※カタカナの発音表記では、強音の部分を太字にしています。



【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。