Graciasよりも大きな感謝の言葉

Graciasだけでは感謝を表しきれないときには、Muchas gracias(チャス グシアス)を使うといいでしょう。この言葉は、文字通り、Graciasがmuchas (いっぱい)という意味で、「ありがとうございます」という丁寧語に直接対応するわけではありません。しかし、Graciasの程度が深まるので、目上の人、立場が上の人に使うとよいでしょう。
さらに大きな感謝を伝えるには、Muchísimas gracias(ムシマス グシアス)と言います。Gracias がmuchísimas(「いっぱい」の最上級)ということで、かなり大げさな表現となり、口にすると笑われることもあります。iにアクセントをおいて、笑顔で発音しましょう。

Gracias以外の「ありがとう」

スペイン語には、他にも以下のような「ありがとう」の表現があります。

Graciasdibujo

心からの「ありがとう」で笑顔の国際交流


(Muy) agradecido/a.
イ) アグラデド/ダ
※話者が男性ならagradecido 女性ならagradecida
(とても)感謝します。

Te estoy (muy) agradecido/a.
 エスイ (イ) アグラデド/ダ
※話者が男性ならagradecido 女性ならagradecida
(とても)感謝しています。

Te lo agradezco.
テ ロ アグラスコ
(何かをしてくれることに対して)ありがとう

Mil gracias.
ル グシアス
本当にありがとう(Milは数字の千)
※これは、手紙やEmailなどでよく使う表現

※カタカナの発音表記では、強音の部分を太字にしています。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。