「5+2」の3列7人乗りを設定

ランドローバー・ディスカバリー・スポーツ

サードシートは、「プラス2」とランドローバーが説明しているとおり、非常用の域は出ないが小柄な人であれば実用になりそう。床が高くて座面が低いため膝を抱えて座るような姿勢になる


さらにディスカバリー・スポーツは、背の高さを活かしてキャビンやラゲッジの広さも期待できそうだ。さて、気になる居住性、積載性からチェックすると、オプションのサードシートは身長171cmの筆者だと頭上には少し余裕があるものの、足元がとくに狭く立ち膝のような姿勢になってしまう。

それでも短時間の移動であればなんとか実用になるし、身長160cmくらいまでであればもう少し余裕を持って座れるかもしれない。フロアが高く、開口部も狭いため乗降時の姿勢は窮屈で、小柄な人や子どもでも常用するには厳しいシートではあるものの、「5+2」の3列シートは、いざという時に7人まで乗車できるのはファミリー層を中心に一定のニーズがありそう。

ランドローバー・ディスカバリー・スポーツ

2列目は足元はもちろん、頭上も広く、チャイルドシートの脱着や子どもの乗せ降ろしなども楽にできそうだ


2列シートの5人乗りも、3列シートの7人乗りも2列目が特等席で、ポルシェ・マカンと比べるととくに頭上まわりの余裕が印象的だ。さすがに100mmも全高が違うだけはある。

ランドローバー・ディスカバリー・スポーツ

写真は3列シート仕様の荷室で、3列目を格納し、2列目もフラットに倒すことができる


ラゲッジもとくに荷室の天地高が長く、ライバルと比べても大きな荷物を積みやすいなど利点を感じさせる。2列目をフラットに格納すれば1.8mを超える奥行きが出現するから長い荷物も飲み込む。

次ページは、ディスカバリー・スポーツの走りについて