サブスクリプション型ソフトウェアとその特徴

次に、サブスクリプション型ソフトウェアの主要製品を紹介する。なお、「Dropbox」などのクラウド型ストレージサービスも、有料であれば、サブスクリプション型と言える。だが今回は、このようなサービスを除き、従来はパッケージ販売だったソフトが、サブスクリプション型販売に移行したもの、あるいは両者が併存しているものを取り扱う。

■Microsoft Office 365
Microsoft社による定番ソフト、Word、Excel、PowerPoint、Outlookなどが利用できる。メーカー製パソコンには必ずといっていいほど付属するソフトだけに、プリインストールで不自由していないユーザーにはメリットは少ない。Officeの最上位製品であるProfessional (通常価格で4万円前後)を利用しているユーザーは割安になるほか、外資系や法人向けの「Officeなし」パソコンを購入したユーザーや、自作ユーザーに適している。

Office 365

Office 365の管理画面


Office 365は、Windows 7以降、MacOS X 10.6以降のどちらでも利用できる。現在、利用できるのはWindowsではOffice 2013、MacOSではOffice 2011だが、年内には両OSでOffice 2016が登場予定で、新バージョンを追加料金なしで利用できる。ただ、Publisher、AccessはWindowsでしか利用できない。

また、タブレット、スマートフォン(iOS、Android)でも、Word、Excel、PowerPoint、Outlookが利用できるのは利点 (One Noteは無償提供)。外出先でのファイルの作成や修正も、大がかりなものでなければまったく問題ない。

クラウド型ディスクスペース「OneDrive」も1TBの大容量が提供される。OneDriveは単体でも使えるサービスだが、無料だと15GBまでだけに、これは非常にお得感が強い。また、無料通話ソフトSkypeの毎月60分間の通話プランも付いてくる。

1人につき2台までのコンピュータ(Windows、MacOSとも)、2台までのタブレット(iOS、Androidとも)と2台までのスマートフォン(同)で利用できる。ただし、2台を同時に起動して使用することはできないので注意したい。

【利用できるソフトウェア】
  • Word…ワープロ
  • Excel…表計算
  • PowerPoint…プレゼンテーション
  • Outlook…メール
  • OneNote…メモ
  • Access…データベース(※)
  • Publisher…レイアウト(※)
  • Skype…無料通話
    (※)はWindowsのみ

【価格】
  • Microsoft Office 365 Solo
    月額1,274円、または年額1万2,744円。年間だと約2カ月分割引になる

【関連サイト】
Office 365 Solo


まだある、サブスクリプション型ソフト