ハワイツアー選びのポイントとは?

パッケージツアーなら、航空券やホテルの予約など面倒な手続きなしでらくらくハワイへ!

パッケージツアーなら、航空券やホテルの予約など面倒な手続きなしでらくらくハワイへ!

はじめてのハワイ、はじめての海外旅行なら、パッケージツアーに参加するのがお手軽で安心です。しかし、パンフレットや海外旅行検索サイトなど山ほどある情報を前に、どんなツアーを選んでいいのか迷ってしまう人も多いはず。そこで、ハワイビギナー向けにツアー選びのポイントをまとめました。もちろん、信頼できる主催旅行会社、旅行代理店を選択することが第一のポイントです。

ハワイのパッケージツアー事情

ロイヤル・ハワイアン・センターにあるH.I.S.のレアレアラウンジ。オプショナルツアーやディナープランの手配のほか、キッズルーム、更衣室、ロッカーを完備し、インターネットも無料で利用可能

ロイヤル・ハワイアン・センターにあるH.I.S.のレアレアラウンジ。オプショナルツアーやディナープランの手配のほか、キッズルーム、更衣室、ロッカーを完備し、インターネットも無料で利用可能

ハワイのツアーは、飛行機とホテル、空港~ホテル間の送迎だけで、あとはフリーという自由旅行に近いツアーが主流です。大手旅行会社では、ホノルルの観光スポット、旬のグルメスポットを巡回するトロリーのほか、カイルアやノースショアエリアへ連れて行ってくれるバスも運行。ツアーラウンジ、24時間日本語ホットラインなどを設けて、フリー時間をしっかりサポートしてくれます。

ハワイツアーは4泊6日のワイキキ滞在が定番

ビーチもグルメも楽しめるオアフ島ノースショア。オプショナルツアーに参加するなら、2日目、3日目がおすすめ

ビーチもグルメも楽しめるオアフ島ノースショア。オプショナルツアーに参加するなら、2日目、3日目がおすすめ

ハワイのパッケージツアーは、オアフ島のワイキキに滞在する4泊6日が一般的です。ハワイ初日は、朝~昼頃ホノルル空港に到着して15時頃ホテルにチェックイン。帰国日は、ホテルを早朝~昼頃にチェックアウトして空港へ向かうスケジュールなので、4泊6日なら終日自由行動となるのは3日間です。

最近は、仕事帰りに直行できる羽田発深夜便を利用した3泊5日のツアーを利用する人も増えてきました。終日自由行動は2日間ですが、帰国日はホノルル空港を夕方に発つ便のため、昼過ぎまでゆっくりと過ごすことが可能です。

ホノルル観光やショッピングだけではなく、ノースショア、カイルアなどローカルタウンに足をのばしたり、マリンスポーツ、ハイキングなどのアクティビティに参加するなら、やはり4泊6日以上のスケジュールが必要でしょう。 ちなみに、ネイバーアイランド(オアフ島以外の島々)とホノルルの2島周遊ツアーでは、島間移動に半日費やしてしまうので、ネイバー3泊(または2泊)+ホノルル2泊(または3泊)の5泊7日以上のスケジュールをおすすめします。

ハワイ滞在時間は利用航空会社で決まる

ツアーでは、フライト時間の3時間前にワイキキを出発

ツアーでは、帰国のフライト時間3時間前にワイキキを出発して空港へ

出発1週間前でも航空会社が決まらない激安の「航空会社未定」のツアーから、追加料金で指定ができたり、予約時に出発便が決定する「航空会社指定」のツアーまで、その種類はさまざま。子連れファミリーや年配の方との旅行なら、少々割高でも言葉やサービスなど、いろいろな面で安心できる日系の航空会社を利用するツアーが良いでしょう。

また、成田便の場合、利用航空会社によってハワイの滞在時間が変わってくるので注意。例えば、2016年9月現在、帰国便の一番早いフライトは、日本航空の9時50分発。一番遅いフライトは、ハワイアン航空の15時45分発。午後便を指定すれば、ハワイ最後の朝食をゆっくり優雅に楽しむこともできます。