ローソンの焼き菓子

コーヒーと焼き菓子が、日常にちょっとした幸福をもたらしてくれます

今やすっかり定着した感のある、コンビニのコーヒー。
淹れたての味が100円台で楽しめるとあって、食後や仕事の休憩時など、気軽にコーヒーを楽しむ人が増えているようです。

そんなブレイクタイムにちょっとプラスして楽しみたいのが、コーヒーと相性のよい焼き菓子や話題のドーナツ。
食べきりサイズの個包装で、価格も100円台のものが中心なので、気軽に購入できるのも魅力です。
では、早速おすすめを紹介しましょう。

コンビニの新名物に!?大注目のドーナツ


2015年の新しいコンビニ戦略として、各社が力を入れているのが「ドーナツ」の販売です。口火をきったのは、セブンイレブンの「セブンカフェドーナツ」。レジ横の専用ケースで販売するスタイルで、2014年10月より関西地区で試験販売をスタート。2015年8月末までに全国展開を予定しており、2015年に入って販売店舗が各地に急増しています。

ローソンのハワイアンドーナツチョコ

ローソンのハワイアンドーナツ(チョコ)100円。とろっと溶け出すチョコが濃厚!

ローソンでは2013年より、店舗のフライヤーで調理するハワイアンドーナツ(マラサダ)が人気を集めていますが、2015年にはドーナツメニューのラインアップが増大。販売店舗も拡大する予定です。
ドーナツのメニューは、ハワイアンドーナツ2品(プレーン、チョコレート)に加え、工場から納品される定番商品4品(オールドファッションドーナツチョコ、モッチリングショコラ、モッチリングいちご、シュガードーナツ)の計6品を揃え、すべて税込100円で販売。2015年4月現在約600店で展開しているドーナツ専用什器を、8月までに約8,000店に拡大する方針です。

オールドファッションチョコ

さっくりとした食感が楽しめる、ファミリーマートの「オールドファッションドーナツ(チョコ)」(税込108円) ※沖縄県を除く

一方、ファミリーマートでも、挽きたてコーヒーにおすすめのドーナツ10種類前後を、「FAMIMA CAFÉ DONUT」シリーズとして、2015年4月より全国のファミリーマートにて展開しています。
ドーナツは、全商品パッケージに包まれた状態で販売。落ち着きのあるブラウンをベースに、ドーナツの写真を前面に押し出したパッケージデザインを採用しています。また、パン売場に「FAMIMA CAFÉ DONUT」専用の販売ケースも順次導入される予定です。

大手3社の導入により、コンビニのドーナツは今後ますます注目を集める予感!お近くの店舗を要チェックです。

次は、ファミリーマートの新作焼き菓子を紹介!