「給食当番」でいただく懐かしの給食ランチ


個性派グルメということでは、こちらの「給食当番」さんははずせないだろう。メデイアなんかでもよく取り上げられる、懐かしの給食が味わえるお店だ。

春日通りぞい。新御徒町駅A3出口すぐ左側

給食当番 台東区元浅草1-4-4


僕なんかより少し下の世代の人たちは給食というと必ず、ソフト麺や揚げパンの話をするのだが、僕は食べたことはない。だから懐かしいという感じはないのだけれど、テレビで見たり、話で聞くと、一度食べてみたいという気持ちになっていた。

その他、メニューは多い

ごくふつうのメニューの日替わりの定食もあった


というわけで、お昼すぎにうかがった。店内は広い。奥のカウンター席が禁煙になっているようだ。カウンター席に座り、メニューを見ると、いろいろあって悩んでしまう。と、あとからきたお客さんが日替わり定食を注文。黒板には売り切れの札が掲げられた。

普通にランチを食べるお客さんも多いようだ

本日の日替わり定食は「売り切れ」の札


そういえば、店内には小学校を思わせるようなオブジェクトがいっぱいで、お客さんが小学生になったようなかんじを演出している。

初来店者にはスペシャル給食セットが人気らしい

給食メニューもいろいろある


初来店者に一番人気なのが「スペシャル給食セット」らしい。1500円とちょっと高いけれど、これにしようか。

少し飲んでからミルメークを入れろと言われる

まずは牛乳とミルメーク


このミルメークもよく懐かしい給食として挙げられるが、僕は未体験。というわけで、少し飲んでミルメークを投入。あれ、味がしない。あ、そっか、これストローでかき混ぜて飲むのかな。うっ、甘い。

けっこうなボリュームだ

スペシャル給食セット 1500円


あげぱん、ソフトめん、ミートソース、カレーシチュー、肉だんごスープ、春雨サラダ、くじらの竜田あげ。

熱々でビニール袋に入って出てくる

これが「そふとめん」だ


ソフトめんは袋に入って出てきた。熱々だ。お店の人によると、先割れスプーンでわけて、それぞれのスープに浸して食べろとのこと。おお、先割れスプーンも初体験だよ。
麺がスープを吸っておいしくなる。

こうして、麺を浸して食べるそのだそうだ


いやぁ、かなりのボリューム。お腹いっぱい。全体的に甘めの味つけだ。僕が食べた給食とは少し違っていたな。カレーシチューがどこか懐かしくおいしかった。揚げパンは甘いねぇ。きな粉にしたんだけれど、パラパラ落ちて食べにくい。あ、先割れスプーンも食べにくかったなぁ。お箸があってよかった。揚げパンじゃなくて、コッペパンだったらよかったかも。小学校の6年間が給食だったけど、ずっと僕はコッペパンだったからね。というわけで、次は日替わり定食を食べてみたい。

■給食当番
東京都台東区元浅草1-4-4
11:30~14:00
18:00~23:00(LO:22:00)
定休日:日曜

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。