【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
夕焼けの中で座る恋人

夕焼けにひたる恋人

以前の自分はもっと恋愛を楽しめていたはずなのに、最近は全くうまくいかな い。素直になれず、相手の言葉を信用出来ない。心とは裏腹なことを言ってしまって相手を怒らせる…。ここ数年、このようなご相談が凄く増えています。

また、恋愛に対してとても臆病になっているという声も、よく耳にします。傷つきたくないから、相手の出方を伺ってからではないと行動が出来ない。「好きだ」と言われて嬉しいけれど、もしかして色々な人に言っているのでは?などのように、不安や恐れに苦しい思いを感じている人がとても多いのです。

そこで、日頃のカウンセリングのなかで受ける恋愛相談に基づいて、うまくいかない原因をいくつか取り上げて、どのように悪影響が出ているのかをまとめてみました。

あなたの恋がうまくいかない原因とその影響

暗闇の中の二人

不安な気持ち

1.過去に辛い恋愛を経験している

過去の辛い経験は、なかなか忘れられないもの。自分が傷ついたり相手を傷つ けてしまったりした思いは、心の壁となって進展を妨げる原因に繋がっていくことが多いです。

2.以前の恋人が忘れられない
過去の恋人に未練がある場合には、なかなか次の恋愛を受け入れるのは難しいものですね。大好きだったのにお別れしてしまった恋人は、心のなかに残ります。
新しい出会いがあっても、過去の恋人と比較をしてしまうことがあります。

3. 褒められても素直に喜べない
せっかく自分を褒めてもらっているのに、「それは誰にでも言っているのではないのかしら?」と、半信半疑。本当は嬉しいはずなのに、どうしても素直に喜べずとても悲しくなります。心のなかには、辛さが広がるばかりです。

4. いつかダメになると思ってしまう
「どうせ自分は恋愛なんてうまくいかない」と、最初から諦めてしまっている人。その諦めの気持ちが、恋愛の進展を妨げてしまい無意識に終わりの方向へ自分から向かってしまいます。

5. 相手を好きになるのが恐い
自分からどんどん相手を好きになったときに抱く、「こんなに好きなのは自分だけ?」という虚しさと不安を恐れてしまい、相手の様子ばかり伺います。人を好きになることの、嬉しいという思いはなく恐ればかりが出てしまいます。

6. 自分にコンプレックスがある
自分のなかの嫌いな部分が原因で相手に嫌われてしまうのでは?と恐れてしまい、不安や心配ばかりするようになり、二人でいることの幸せを感じられなくなってしまいます。あまりにも考えすぎていくうちに、全てに自信が持てなくなっていくこともある、とご相談を受けます。

不安な気持ちはどうしたら乗り越えられるの?

前後に離れて座る恋人たち

お互いの距離感を感じる二人

なかなか忘れられない過去の辛い経験に悩まされている方や、以前と同じ展開になるかもしれないという不安を抱えている方も多く見られます。

考え方として、まず大切なのは「相手が変われば同じことは繰り返されない」ということ。それでも、もし何度も同じような展開になってしまう場合は、自分自身の恋愛に対する思い込みや癖が影響していることが考えられます。

その対策としては、自分の恋愛の流れを見つめ直すこと。

自分自身を見つめ直すことは、とても辛くて避けたいもの。でも、変化を受け入れて新たなステップに進まなくてはならないときには、自分を見つめ直して良い面も悪い面も認めて受け入れていくことが必要です。

加えて「変わりたい」「変わらなきゃ」という思いにさいなまれている人に、可能性の一つとして考えてほしいことは、新しい恋の相手は“ありのままのあなた”を受け入れてくれる人かもしれないということ。変わる必要はないかもしれません。

もちろん、あなた自身も相手のことを受け入れることができるかどうかを考えて、見つめ直していくことをお伝えしています。自分が相手のことを受け入れられると、相手も同じように受け入れてくれることが多く、お互いを見つめ直すことにより、全てが良い方向に進むことも少なくありません。