チェストの上にフェイクグリーンを飾る

1ページめの鉢植えのフェイクグリーンが高さ24センチでしたが、このページではより大きなサイズ、町の雑貨屋さんで購入した高さ55センチのフェイクグリーンを使います。
ニトリのフェイクグリーンを上手に飾るテクニック

チェストの上を飾るのにオススメの材料はこんな感じ。前のページで使った、ニトリのモンステラの葉っぱの余りをここでも活用。もう一種類のフェイクグリーンは、葉っぱのみのものを町の雑貨屋さんで購入(ノンブランド)。手持ちの造花も一緒に使います

テーブルの上は至近距離で目にするものですが、チェストの上はもっと離れた位置から眺めます。そのため、ある程度離れてもインパクトがある大きめサイズを選ぶのがコツ。さらに、1ページで使ったニトリのフェイクグリーンの余りを加えてボリュームアップさせ、豊かな緑を作り出します。
ニトリのフェイクグリーンを上手に飾るテクニック

フェイクグリーンや造花を、空き瓶や鳥かごに挿して使います。見栄えがよくなるように広げるといいですよ

飾り方はというと、フェイクグリーンを空き瓶や鳥かごにさしこんでいくだけ。鳥かごが手に入らない場合は、バスケットなどでも構いません。空き瓶は、形の良い、ガラスの色が濃いめのものがオススメ(ここではグランドキリン、オロナミンCなどの瓶を使っています)。

緑だけを飾るのではなく、適当に小物も混ぜて並べるのがポイントです。フェイクグリーンは茎に針金が入っているものが多く、好きな形にしやすいのが良いところ。見栄えが良いように広げましょう。チェストの上にもグリーンを置くことで、テーブルとのつながりが良くなり、インテリアがまとまって見える効果があります。
ニトリのフェイクグリーンを上手に飾るテクニック

組み合わせるとこんな感じ! 全体のバランスが良くなるように並べ、お気に入りの小物と一緒にディスプレイします

最近のフェイクグリーンは、触るまでフェイクと気づかないほどクオリティが高いものが増えています。緑あふれる暮らしに興味があるなら、まずはお手入れ不要のフェイクグリーンで雰囲気を楽しんでみてはいかがでしょうか。

【今回使用したニトリのフェイクグリーン】
グリーンポット ジャトロファ
グリーン モンステラ

※花とグリーンを使ったコーディネートのテクニックは「フランフランの緑と花と雑貨で小さなスペースを飾る」で紹介しています。併せてお読みください。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。