一番気になる食事は、どうする?

一人旅で、一番気になるのは食事かもしれません。私自身、一人旅をはじめた頃は一人で食事をするのは寂しいと思い、お店で何か買ってきてホテルで食べたりしていました。

しかし、それでは、もったいない! 旅に出かけたら、その土地の美味しいものをたくさん食べたいですよね。

その土地の美味しいものをたくさん食べたい

その土地の美味しいものをたくさん食べたい


一番、楽しいのは、カウンターのあるお寿司屋さんや小料理屋さんなどに入り、お店の人と「旅行に来てるんだけどね」みたいな話をしながら、お酒を飲んでしまうこと。私は、これで、地元の人しか知らない情報を何度もゲットしたことがあります。

一人でゆっくりしたいという人におすすめなのは、ちょっと早めの空いている時間に、個室がある居酒屋さんに入ること。居酒屋といっても大手チェーンではなく、地元のローカルなお店が良いでしょう。その土地でしか味わえない材料を使った料理や、お酒が置いてあると思います。

食事については、私と同じAll Aboutガイドの塩田さんが書いた、以下の記事も参考にどうぞ。

■一人旅の夕食、どうしよう?
http://allabout.co.jp/gm/gc/7422/

一人旅を楽しむコツ

私が自慢できる数少ないことの一つは、旅先で、よく道を聞かれること。あまり「観光客」という感じの格好をせず、なるべく地元の人に溶け込むようにしているからだと思います。

これは、国内旅行に限ったことではなく、ニューヨークに行ったときなどでも一緒で、いかにも観光客という感じの欧米人からも、道をきかれます。これは、さすが「人種のるつぼ」といわれるニューヨークだという感じがします。

この「地元の人になりきる」というのはなかなか楽しいです。ぜひ、実践してみてください。いつもと違う視点や感覚で、観光地を楽しめるかも知れません。

あと、昔は少ない時間で、なるべく多くの観光スポットをめぐる、みたいな旅ができるのが、一人旅のメリットかなと思っていましたが、これは疲れる。旅先で、知らない人と話をしたり、その土地のなにげない風景や食べ物をゆっくり味わったりする。最近は、そういう旅行が多くなりました。

【関連記事】
京都の一人旅入門編、まずはこちらの記事から!
はじめての京都一人旅 歩き方入門

日暮れとともにホテルに引きこもってはもったいない!京都の夜の過ごし方
風情あふれる「京都の夜」を楽しむ方法

冬の京都の一人旅は、温泉に湯豆腐、美しい雪景色が楽しめる大原の里がおすすめ
温泉・お鍋・銀世界! 冬の京都一人旅は、大原の里へ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。