今すぐ行って見て!面白すぎるアイテムがいっぱい

5月までの限定ショップ「KARE」

5月までの限定ショップ「 KARE」六本木ヒルズ

面白いドイツのインテリアショップ「KARE(カレ)」ができたとの噂を聞きつけて六本木のKAREのショップに行ってみました(5月31日までの限定ショップ)。六本木ヒルズのヒルサイド2F、地下鉄の駅から直結のメトロハットを出て左に進むと見えてくるヒルサイド、ちょっと見つかりにくい場所ですが、真っ赤な人形がお出迎えしています。

「KARE」は、1981年ドイツのミュンヘンで創業。 KAREのコンセプトは、「Life is Style!」(人生はスタイルだ!)を掲げています。ユニークなスタイルは、今や世界中から話題を集めています。古材を利用したチェスト、古い家具の再生や環境にも配慮したパッチワークのソファ、ダイニングテーブル、ダイニングチェア、シェルフなどの大型家具から、ミラー、アート、オブジェ、フラワーベース、キャンドルホルダーなどのインテリア小物雑貨までが、ところ狭しと並べられています。どれをとってもクレイジーでポップでキッチュな雰囲気です。

キッチュ!クレイジーな美意識が新鮮

クレージーでポップな組み合わせ

クレイジーでポップなソファ-とラグ、ア-トの組み合わせ

お堅いドイツのイメージとはかけ離れたキッチュな雰囲気、「意外な組み合わせ」「ありえない組み合わせ」、なんとクレイジーな!でも、「キッチュ(Kitsch)」はドイツ発信の美術用語が原語と聞き納得。今、若者を刺激しているのが、「けばけばしさ」「古臭さ」「安っぽさ」を積極的に利用する遊びこころたっぷりの「KARE」の美意識なのです。

デザインを遊ぼう!

古在を利用したチェストたち

古在を利用したチェストたち

見せて頂いたカタログは10センチ以上の厚みがあり、そのアイテムの多さにはびっくり、年に400点以上のオリジナルの新作が誕生しているのだそうです。その全てに、環境に配慮した生産地や仕入れルートのなど現代の時流にきちんと即しています。写真は、古材を利用した古い家具の再生から作られたチェストや小さな引き出しが不安定に重なる不思議なフォルムの小物入れ、大人気で売れているそうです。引き出しの前面の素材にそれぞれ違う材質が使われています。

ただの高級品よりも、デザインを!

パッチワークチェア

パッチワークチェア

「お高くてつまらないことはいっさいしません。」とKARE Designの創始者であり、現CEOのJürgen Reiter(ユルゲン・レイター)氏が断言しています。大多数のプロダクトが、自社のデザイナーによってデザインされたオリジナル商品です。面白いのが、流行のトレンドスタイルやスタンダードなデザインにも、KARE独特のクレイジーなテイストを加えています。
オリジナルミラー、額絵など

壁にぎっしり飾られたオリジナルティーに溢れるミラーや額縁、照明器具


どう使うかはあなた次第です!

人生とはスタイルだ!流れに身を任せず、自分の意思で生きよう!

人生とはスタイルだ!流れに身を任せず、自分の意思で生きよう!

壁に書かれたコンセプトは、「LIFE IS STYLE!LIFE AGAINST THE STREAM!(人生とはスタイルだ!流れに身を任せず、自分の意思で生きよう!)」とあります。

これらをどう使う?どう使うかはあなた次第です。言えることは、KAREのインテリアアイテムを部屋に持ち込むだけで、インテリアのセンスアップは間違いなしです。あまり難しく考えないでお気に入りを何点かチョイスしてみてください。お気に入りがあなたスタイルになります。

以外と安価だしサプライズプレゼントにもいいかも・・・。退屈な日常にインテリアのアクセントとして、装飾的な要素を手軽に取り入れてみてはいかがでしょうか。

<DATA>
KARE(カレ)
KARE六本木ヒルズ店 (期間限定5月31まで)
東京都港区六本木6-1-1 六本木ヒルズ森タワー ヒルサイド2階
株式会社リビングハウス
TEL: 03-6721-1437
営業時間: 11:00~21:00

LIVING HOUSE SALONE(リビングハウスサローネ)
住所:550-0015 大阪府大阪市西区南堀江2-4-15
TEL: 06-6585-7220
営業時間  11:00~19:00



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。