スカイウェイブ兄弟の末弟バーグマン200


スズキのビッグスクーターと言えばスカイウェイブ。250cc、400cc、650ccと各排気量にラインナップされており使い勝手の良さからビッグスクーターブームが過ぎた現在も一定のファンを抱えています。

そのスカイウェイブ兄弟に更に排気量の小さいモデルが加わりました。今流行の150ccクラスかと思いきやまさかの200cc。車種名はスカイウェイブ200ではなくバーグマン200です。

「バーグマン」とはスカイウェイブが海外に輸出される時に使われていた名称です。日本以外の各国で販売するモデルのなのでグローバルモデルとして名称を一つにまとめたのかもしれません。

名前はスカイウェイブではなくバーグマン200ですが、スカイウェイブに共通の独立2灯式ヘッドライトなどを採用しているためデザイン面で見るとちょっと小さいスカイウェイブ250に見えなくもありませんし、間違いなくDNAは引き継がれている印象を受けます。

PCX150やマジェスティSの登場で人気の150ccクラススクーターでが、+50ccの排気量のメリットは都内の通勤ではどのような影響を及ぼすのか?今回も一週間きっちり都内の通勤で使ってインプレッションをお届けします。

まずはバーグマン200の装備をチェック!

バーグマン200フロントビュー

バーグマン200フロントビュー


実際に走りをチェックする前に原付2種スクーターやビッグスクーターに求められる便利さをチェックしましょう。

まず跨ってみると気になるのが大型のウインドスクリーンです。一般的に原付2種クラスやビッグスクーターに純正採用されるウインドスクリーンは高さが低めの車種が多く風を多めによける大きめのウインドスクリーンを求めるユーザーはアフターパーツメーカーのスクリーンを購入しています。

しかしバーグマン200の純正スクリーンは高さがしっかりとあるので風よけ、雨よけとしては非常に優秀。お借りしていた期間に小雨が降ることもありましたが腿や体の中心に当たる雨もかなり軽減してくれました。

次にバーグマン200のシート下容量ですが、かなり広めです。数値で見ると41リットルの容量があるようですが、深さも広さも使い勝手は抜群。かなり色々な荷物を収納する事が出来そうです。

ちなみにPCX150のシート下収納は25L。マジェスティSは32L。250ccクラスのビッグスクーターになると60L程度になりますので、150ccクラスのスクーターと250ccクラスのビッグスクーターの中間程度の収納力という事になります。

ハンドル下にも収納がありますが、この中には12Vのアクセサリーソケットが装備されています。ハンドル回りなどにつける後付けのアクセサリーソケットは防水性能が心配だったり、雨天時は使えないデメリットがありますが、収納の中にあるアクセサリーソケットなので、雨天時に携帯電話を充電しながら走行することも出来ます。