今や希少となった性能を追い求めたバイク GSR400


大型二輪免許が教習所で取得できるようになった為、400ccクラスは以前ほどの人気はありませんが、かつては大型二輪免許は試験場で試験をクリアした者のみが取得することが可能な難易度の高い免許でした。普通二輪免許で乗ることが出来る最大排気量である400ccクラスは人気が高く、当時はとにかく高性能なバイクが求められていた事もあり、各社フラッグシップと言っても過言ではない車両がラインナップされていました。

ホンダのCB400SF、ヤマハのXJR400R、カワサキのゼファーχ、スズキのGSX400インパルス。これらのバイクは人気に後押しされ、マイナーチェンジを繰り返し、より洗練されたバイクへと進化していったのです。

これらのバイクの特徴として4気筒エンジンを搭載していた事があげられます。単気筒エンジンや2気筒エンジンに比べて出力を上げることが出来る4気筒エンジンは、高性能、高出力を求められた時代に最適なエンジンでした。しかし現在ではバイクにも扱いきれないパワーよりも快適性が求められるようになり、自動車排出ガス規制の基準が強化された2008年前後に4気筒エンジンを搭載する400ccバイクは次々と姿を消していきました。

そんな中、規制が厳しくなる2008年よりも2年ほど前にスズキが発表したのが、今回試乗インプレッションをお届けするGSR400です。同モデルは400ccネイキッドクラスで初めてコンピューターでガソリンの噴射を制御するフューエルインジェクションを搭載しました。

アナログな燃料噴射方式であるキャブレターに比べて、排気ガス規制にも対応しやすいインジェクションを搭載したことにより、2008年の排気ガス規制が施行された際、ライバル車両と一緒に一時的にカタログ落ちしましたが、翌年には規制をクリアしたモデルを発売しています。

国内の4メーカーが販売する車両で4気筒エンジンを搭載する400ccバイクはスズキのGSR400とホンダのCB400SFのみ。バイクユーザーの間でも両方の車両を比べて購入を検討する人が多いようです。今回もスズキからGSR400の広報車を一週間お借りしましたので、通勤で使用してインプレッションをお届けします。

GSR400のエンジンはとにかく高回転・高出力

GSR400 フロントビュー

GSR400 フロントビュー

スーパースポーツバイクGSX-R600直系の水冷4気筒エンジンはトップクラスの高出力を誇り、61ps/12000rpmを出力します。とにかく高回転・高出力に重点を置いたエンジンの為、高い回転域を使うことで良さが引き立ちます。逆に低回転域では多少パワーを犠牲にしていますが、街中ではパワー不足を感じることはなく、6000rpm以下のパワーバンドに入らない回転域のみ使っていても余裕のある走りをすることが出来ます。

街中ではほとんど使うことが出来ませんが、アイドリングでは非常に静粛性の高いエンジンが10000rpm以上の回転域では官能的なサウンドを奏でます。特に6000rpm付近から徐々にパワーバンドに入り、気が付くとレッドゾーンまで一気に回転が上がり、スピードも一気に上がります。

車両の重さは215kgもあり、400ccのバイクとしてはかなり重いので、取り回しの際に重さを感じることはありますが、パワーがあるエンジンの為、運転中は重さを一切感じません。