GSR400のハイパワーを支えるタイヤは極太!

GSR400 リアビュー

GSR400 リアビュー

GSR400の装備の中でまず驚くのがリアタイヤのサイズです。横幅180mmのリアタイヤは400ccのバイクに装着するタイヤとしては規格外のサイズで、同社の750ccバイクGSR750と共通のタイヤサイズです。

タイヤは太ければ太いほど、グリップ性能は高くなりますが、地面との摩擦によって、パワーのロスが増え、加速性能は悪くなります。つまりパワーの伴っていないバイクに太いタイヤを装着すると、加速が鈍くなってしまうのです。

しかし、GSR400はトップクラスの高出力エンジンを備えている為、圧倒的な安定感を得つつ、加速の鈍さを感じさせません。ただし、コーナリング時など車体を倒しながらコーナーを曲がっていく場面では、慣れるまでは若干曲がりにくさを感じるかもしれませんが、あくまで慣れるまでの話であり、慣れてしまえば太いタイヤがコーナリング中でも安定を感じさせてくれるため、安心感があります。

剛性の高いフレームと相まって高速走行時には圧倒的な安定感に繋がり、1クラス上の排気量のバイクに乗っているかのような感覚になります。

GSR400とCB400SFどちらを選ぶ?

GSR400 サイドビュー

GSR400 サイドビュー

よく比較対象に出されるこの二台ですが、どちらのバイクも乗ってみると、二台はまるで違う特性を持つバイクであることに気が付きます。教習車にも採用されているCB400SFは最高出力こそGSR400に劣るものの、どの回転域からでもパワー不足を感じさせないエンジンの特性は乗りやすく扱いやすいエンジンです。

その反面、GSR400はとにかくパワー重視。CB400SFと比べればどうしても低回転域ではパワー不足を感じてしまいます。軽快さ重視で言えばCB400SFの方がオススメですが、安定性で言えば、GSR400の方が優れています。

ロングツーリングなどで大型バイクと一緒に走る機会があるのであれば、GSR400であれば、比較的ついて行く事が可能です。パワーもあり、フレームの剛性にも優れ、タイヤも太いタイヤを装備している為、見た目も大型バイクに負けない迫力があります。

あなたが仮にどちらのバイクを選んでも決して後悔はしないと思います。どちらもネイキッドバイクらしい万能なバイクではあります。

最後に決めるのは、あなたの好みです。以前CB400SFのインプレッションも書いていますので、二台で迷ったら是非CB400SFのインプレッションも読んでみてください。

GSR400の各部詳細やエンジン音 マフラー音はこちらでご確認下さい
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。