プロ野球/プロ野球 関連コラム

第2の野球人生への決断、元投手が野手で意地を見せる

今シーズンのプロ野球では、投手から野手に転向した男たちがとくに注目を集めそうだ。ヤクルトの雄平外野手を始め、第2の野球人生へ挑戦する彼らの姿を紹介する。

瀬戸口 仁

執筆者:瀬戸口 仁

野球・メジャーリーグガイド

投手から野手に転向した選手たちに注目が集まっている。

投手から野手に転向した選手たちに注目が集まっている。

日本ハムの大谷翔平選手(20)は、今年も相変わらずの注目を集める。開幕投手、そして4番もあり得る打撃。果たして、このまま“二刀流”を続けていくのか、それとも投手か野手のどちらかに絞るのか?

その大谷より早く決断をくだし、投手ではなく野手に転向した男たちが今年はとくに注目を集めている。


高校生No.1左腕から野手に転向、ベストナインにも選ばれる

まずは、ヤクルトの雄平外野手(30)だ。2002年のドラフトでヤクルトに1位指名された高井雄平。高校生No.1左腕といわれ、1年目に5勝を挙げ、順調なプロスタートを切った。ところが制球難に苦しみ、伸び悩み、2010年から野手に転向。

「とにかく(バットを)振りまくりました」と死にものぐるいで練習に打ち込み、2013年に開幕レギュラーの座を掴むまでに成長した。昨季、野手転向後初めてフルシーズンを戦って、打率.316、23本塁打、90打点の好成績をマークし、ベストナインを受賞。今季は昨季以上の活躍が期待される。


“渡辺久信二世”は毎日1700スイングで強打者に

2006年の高校生ドラフト1巡目で西武に入団した木村文紀外野手(26)は、当初与えられた背番号41でわかる通り、元西武のエースだった渡辺久信二世と期待されていた。しかし、右ヒジの疲労骨折や交通事故によるむち打ち、腰痛など度重なるケガに見舞われ、プロ6年間でわずか1勝。2013年から心機一転、野手に転向した。

毎日1700スイングを課し、手の皮が剥けてもバットを振り続けた結果、昨シーズン100試合出場を果たし、10本塁打、27打点をマーク。持ち前のパンチ力に磨きがかかれば、レギュラー獲得も夢ではない。


日本一に貢献した投手は、27歳からの再起にかける

楽天の片山博視投手(27)は今季から内野手に転向する。2010年から中継ぎとして2年連続50試合以上に登板し、2010年には防御率1.88をマーク。2013年の日本一にも貢献した投手の1人だったが、左ヒジを故障して野手への転向を決意した。雄平や木村よりも遅い、プロ入り10年目、27歳にしての転向だが、報徳学園時代から“バッター向き”といわれ、野村克也元監督からも打者転向を勧められた経緯がある男だけに、再出発が功を奏するかもしれない。


じつはイチローにも投手として活躍していた時期が

もともと投手で、プロ入りしてから転向して成功した代表例は、オリックスの糸井嘉男外野手(33)で、昨季はパ・リーグの首位打者に輝くなど日本一の打者に登り詰めた。

また、ご存知イチロー(現マーリンズ)も愛工大名電時代、松井稼頭央(楽天)もPL学園時代までは投手だった。キャリアの中で“第2の野球人生”を歩み出して成功した選手もいることが、彼ら背中を後押しする。
【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場でプロ野球グッズを見るAmazon でプロ野球の関連商品を見る
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます