どうして最近の任天堂の業績は低迷しているのか?

2015年3月17日、任天堂<7974>とDeNA<2432>は、業務・資本提携することで合意しました。任天堂のキャラクターを活用して、スマートデバイス向けゲームアプリを共同開発・運営します。また、DS、Wiiのようなゲーム専用機の開発を止めるわけではなく、むしろ多様なデバイスとゲーム専用機を連携させるような会員制サービスを展開していく考えのようです。

ファミコンで社会現象を起こして、マリオ、ピカチュウ、ドンキーコング、ゼルダのような強力なキャラクターを保有している任天堂ですが、最近の業績は低迷していました。このような背景のもと、DeNAとの業務・資本提携が実現したのだと考えられます。

では、どうして最近の任天堂の業績は低迷しているのでしょうか?

ハード、ソフトのヒット・停滞とともに、「株価」が大きく上下してきた

下のチャートは1983年以降の任天堂の株価チャートです。山あり谷ありの元気なチャートですね。
【図1undefined任天堂の株価の推移】

            【図1 任天堂の株価の推移】


みなさんご存知のファミコンが発売されたのは1983年7月です。ファミコンの発売をきっかけとして、株価は堅調に推移しました。そして、1985年9月にスーパーマリオが発売されると、スーパーマリオの大ヒットと共に業績は急拡大して、1986年の株価はファミコン発売前の約3倍まで急騰しました。1989年には、ゲームボーイの発売と同時にテトリスが大ヒット。バブル景気によって、株価は大きく上昇しました。

しかし、その後はハード、ソフトともにヒット作がなく、バブル崩壊後の株価は下落を続けて、ゲームボーイ発売時の株価まで下落しました。

そんな任天堂を救ったのは1996年に発売されたポケットモンスターです。ポケットモンスターの大ヒットとITバブルによって、株価はバブル景気とほぼ同じ水準にまで回復しました。しかしまた、ITバブルの崩壊、アメリカ同時多発テロ(2001年)などの影響で、株価は再び下落しました。

次に、任天堂を救ったのは、ニンテンドーDSとWiiでした。ニンテンドーDSとWiiのヒットによって任天堂の株式時価総額は、一時トヨタに次いで日本2位まで上昇しました。

しかし、ニンテンドーDSとWiiの販売数の伸びが鈍化し、さらにリーマンショックが発生したことによって、株価は大きく下落してしまいます。その結果、今ではニンテンドーDSの発売時の水準まで、株価は下がってしまいました。
このように、山あり谷ありの株価チャートですが、実際の業績はどれほど大きく変動したのでしょうか?