学費捻出のための「リボ払い」返済で生活に余裕がない……

リボ払いで家計が苦しいと感じる……

リボ払いで家計が苦しいと感じる……

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、リボ払いの返済に悩む45歳の主婦の方。ファイナンシャル・プランナーの井戸美枝さんが担当します。
※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください。(相談は無料になります)



■相談者
加藤麻衣子さん(仮名)
女性/45歳/パート
愛知県/持ち家・一戸建て

■家族構成
夫(50歳/会社員)、長男(22歳/大学4年)、長女(20歳/大学2年)、次女(15歳/中学生)

■相談内容
子どもの学費捻出のため、クレジットのリボ払いを利用したのがきっかけで、以後ずっとリボ払いが続いています。現在、残高は100万円ほど。リボ払いの支払いが毎月10万~15万円くらいあるため、新たにクレジットを利用してもリボ払いにせざるを得ないといった状況で、生活に余裕もなく、残高もなかなか減りません。どのように改善していけばいいでしょうか。 ■家計収支データ
家計収支データ

家計収支データ



■家計収支データ補足
(1) 住宅ローンについて
借入開始1995年、借入額4000万円、返済期間25年、金利2.45%
10年固定、ローン残高1000万円、ボーナス払い年間90万円

(2)「食費9万円」と「教育費10万円」の内訳
食費は夫、妻、長男長女が昼食代に各1万円、残りはその他の食費。教育費は長男学費2万円、長女学費1万円(長男、長女は学資保険の満期金を充てた不足分)、次女学費1万円+塾4万円+ピアノ1万円

※リボ払いの借金100万円の毎月の支払いは、各支出に含まれています

■FP井戸美枝からの3つのアドバイス
アドバイス1 リボ払いの残額はいち早く全額返済する
アドバイス2 住宅ローンのボーナス払い分の減額を
アドバイス3 家計支出をもう一度見直そう

 
アドバイスの詳細はこちら>>