内側からつやめくナチュラル美肌

目指すのは潤いと輝きを秘めたヘルシーな肌

顔の中で最も面積が広く、印象を左右する肌づくりは「作りこみナチュラル」の必須項目。今回は“スッピン+ベースメイク+眉”の状態のナチュラルメイクです。

作り上げたのは、潤いとツヤが肌の奥に透けて見えるようなピュアな肌。近づきがたいほどの美しさの中にはいきいきと快活な印象も見え隠れします。肌が美しいということはすべてが満たされて充足感にあふれている証拠。

ポイントは下地とコンシーラーにあります。まず、下地はピンク系のものをセレクト。ピンクは肌なじみがよく、自然に肌色を明るくしてくれます。パール入りのものなら内側から輝きを放つような繊細な仕上がりに。そして、コンシーラーを上手に使うことで、ファンデーションが厚塗りにならずに肌トラブルをカバー。これで、内側から潤いと輝きを放ち、表面はふんわり柔らかな手触りで女性らしい、最上級の肌の完成です。