外観はVAIOらしい、シンプルな黒のスマートフォンだ

外観はVAIOらしく、シンプルな黒のスマートフォンだ


2015年3月12日、日本通信株式会社とVAIO株式会社が「VAIO Phone」を正式に発表しました。現時点では取扱店は明らかにしていませんが、3月20日(金)より出荷開始となります。

主な仕様としては、Android5.0、5インチディスプレイ(720×1280)、Qualcomm MSM8916(1.2GHz, クアッドコア)、背面1,300万ピクセルCMOS、サブ500万ピクセルCMOS、内蔵メモリ16GB、RAM2GB、バッテリー2,500mAhなどを搭載。テザリングは可能だが、防水・防塵、NFC、VoLTE には対応していません。

価格はすべて税別で、端末一括購入で51,000円、24回分割払いで「音声通話+上限のない高速定額プラン」の場合は月額3,980円、「音声通話+1GBのライトプラン」の場合は月額2,980円とのこと。後者の場合は1GBの容量を使い切ると、通信速度が200kbpsに制限されます。SIMフリー端末となっていて、日本通信以外のSIMカードでも使用することができます。

VAIO Phoneを披露する日本通信 三田社長(左)とVAIO 関取社長(右)

VAIO Phoneを披露する日本通信 三田社長(左)とVAIO 関取社長(右)

液晶は5インチで握りやすい大きさだ

液晶は5インチで握りやすい大きさだ

右側面に電源と音量ボタン

右側面に電源と音量ボタン

左側面にmicroSDスロット

左側面にmicroSDスロット

上部にイヤフォンジャック

上部にイヤフォンジャック

下部にmicroUSB端子

下部にmicroUSB端子

背面にはVAIOの文字が主張しすぎない程度に入っている

背面にはVAIOの文字


今回の端末の製造元は日本通信で、VAIOはあくまでも「デザイン」を中心に監修をしているとのこと。元となるシャーシがあった上で、方向性やコンセプト、VAIOブランドとのデザインの統合を行っています。

そのため、先日発売されたノートPC「VAIO Z」のような、スペックまでこだわった端末ではなく、ミドルクラスのスタンダードな端末という印象です。現時点では、「期待していたほどではない」との報道も多く見られます。

VAIOは「今回のVAIO Phoneを皮切りに、今後、ハードウェアと通信を組み合わせることによる+αの付加価値を検討していきます」と答えており、スペックだけでなく、あくまでも「通信」との組み合わせを含めた付加価値を評価して欲しいと考えているようです。

確かに、24回分割払いにすることで端末代込み3,980円で「音声通話+上限のない高速定額プラン」が使えるのは、大手キャリアと比べると格安と言って良い料金設定。とはいえ、スペック等も含め、こだわり抜かれたVAIOらしい端末に期待してしまうのもファンの本音でしょう。まずはスタートを切ったVAIO Phoneのこれからを、長い目で見ていきたいものです。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。