スマホで簡単に操作できる家庭向けラベルライター「P-TOUCH CUBE」

ブラザー販売株式会社(以下、ブラザー)はスマホアプリでラベルを編集する家庭向けラベルライター「P-TOUCH CUBE PT-P300BT」を10月下旬に発売する。本体カラーはホワイトのみで、価格はオープン。市場想定価格は税別で6000円前後となっている。
スマホアプリでラベルを編集する家庭向けラベルライター「P-TOUCH CUBE」

キーボードをもたない製品本体はデザイン性も抜群。2016年度グッドデザイン賞を受賞している

ブラザーは「P-TOUCH(ピータッチ)」シリーズとして、家庭・オフィス用から製造・医学業界といった特定用途向けまで豊富なラインナップのラベルライターをそろえている。今回発売されるのは、Bluetooth接続をしてスマホでラベル作成を行う家庭向けタイプ。スマホで編集ができるため、空いた時間や外出中に本体を用意せずとも作業できるのがうれしいポイントだ。製品本体にはキーボードがなく、スマートなデザインとなっている。

専用のスマホアプリ「P-touch Design&Print」はAndroid・iOSともに無料で提供。本体には装着したテープの色を検知する機能があり、アプリ側で編集する際に出来上がりのイメージを画面上で確認することができる。スマホ由来の豊富なフォントやアイコンが使えるので、より自分好みにこだわったラベルの作成が可能だ。

プロも愛用!実践的な活用法とは

P-TOUCH CUBEの発売に先駆けて、2016年10月12日に都内で新製品発表会が開催。整理収納アドバイザーの小川奈々氏、ラッピングデザイナーの山田てるみ氏が登壇し、プロの目線からP-TOUCH CUBEの実践的な活用法を紹介した。
ラッピングデザイナー山田てるみ氏(左)、整理収納アドバイザー小川奈々氏(右)

ラッピングデザイナー山田てるみ氏(左)、整理収納アドバイザー小川奈々氏(右)

専用アプリでは、おもなラベリング用途である「整理収納」「書類整理」「名前付け」「ギフト・ラッピング」ごとにテンプレートが用意されている。シーンや用途ごとにテンプレートの活用法を紹介するコラムもあり、それらを参考にすることで凝ったラベルを簡単に作成することができる。

整理収納アドバイザーの小川氏が注目したのは「整理収納」のテンプレート。「例えばクローゼットの中が散らかっているときは、中身が見えないようにBOXに分別することで見栄え良く収納することができます。そのときに役立つのがラベリングです。オリジナルのラベルを使うことで、取り出しやすく戻しやすい理想の収納を実現することができます」とラベルの利便性をアピールした。
整理整頓

 

収納

 

書類整理

 

「名前付け」テンプレートには子どもらしいデザインだけではなく、シンプルなものもそろう。思春期の子どもは名前シールを嫌がるかもしれないが、デザイン性の高いものであれば喜ばれそうだ。また、夫のちょっとした持ち物にも、さりげないデザインの名前シールなら自然に使用できるだろう。

P-TOUCH CUBEはシールだけではなく、専用のリボンにも印字することができる。ラッピングデザイナーの山田氏は「市販のリボンは『Merry Christmas』などメッセージがただ繰り返されているだけ。でもP-TOUCH CUBEを使えば余白もデザインできて、オリジナルの文字を入れられるのが素敵ですね。名前・日付を加えられたらかけがえのないギフトになりそう」とラッピングでの活用法を語った。
ギフト

 

ハロウィンも

これからの時期、ハロウィンやクリスマスなどイベントの度に大活躍しそうだ


[関連サイト]
ブラザー公式サイト
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。