トースターのトレンド

主食のひとつとしてパンが定着している日本の家庭には、炊飯器と同様にトースターが広く普及しています。トースターには、食パンが飛び出してくる「ポップアップ」と、箱型の「オーブントースター」があります。ポップアップは海外メーカーの製品も多くありますが、オーブントースターは国内メーカーの製品が大半です。新製品が発表される頻度や店頭に並ぶ製品を見ると、オーブントースターの製品数が多く、主流となっていると言えますが、キッチンや食卓のアクセサリーとしてデザイン性の高いポップアップ式も根強い人気があります。また、温かいサンドイッチを作るマシン「ホットサンドメーカー」もあります。ホットサンド以外にも、ワッフル・焼きドーナツなどいろいろ作れるということで、お子さんのいるご家庭などに人気です。

価格は、2015年にバルミューダが手がけた高性能モデルが、高額ながら大ヒットした影響を受け、各メーカーから続々と高性能モデルが登場した結果、千円台から2万円代と価格帯が広がり、1万円代の製品が増えつつあります。

では、トースターの基本構造と長所・短所などを整理しつつ、選ぶ時のチェックポイントをご紹介します。
 

ポップアップトースター

食パンを垂直に入れるタイプ。レバーを下げるとパンが下がり、両側のヒーターにより焼かれ、焼きあがると上に飛び出してくることから「ポップアップ」と呼ばれている。消費電力量は800W程度。

【長所】
  • パンとヒーターが近いので一気に焼き上げられる
  • 庫内が狭いのでパンの水分が蒸発しにくいため、ふっくら焼きあがる
  • コンパクトで省スペースに設置できる
  • デザインが楽しめる製品が多い
【短所】
  • 焼き色が目視で確認できない
  • 構造上厚みがあるモノは入らないので、基本的には食パンのみ。
【チェックポイント】
■パンの厚さ
何枚切りまで対応できるか?両サイドから食パンを挟んで焼くため、薄いのは対応可能だが、スリット幅に限りがあるので厚さは限界がある。5枚切りくらいまで対応できるのが一般的。

■焼き加減
どの製品も焼き時間の長さを変えれば調整できるが、「1・2・3…」のように何段階かで調整できたり、「うすめ・こいめ」など焦げ具合を選択するタイプもあり。また、
ダイヤル式・デジタル式など、操作性の確認も!

■冷凍パン対応
冷凍保存していた食パンを焼くモード。食パンを冷凍して保存する人も多いため登場した機能。常温の食パンとは違う焼き方にすることで、おいしく焼き上がる。


パンウォーマー
スリット上にパンを置く台を取り付け、スリットに入らないクロワッサンやベーグルなどを温める機能。別部品として取り付けるタイプや、スリット脇などから引き出せるタイプなどいろいろ。

■お手入れ
庫内に残るパンくずをどのように捨てるか?底にパンくずを受けるトレイがあるものが多いが、その引き出しやすさなどもチェック。



【参考製品】
■スタンダードモデル:T-fal

 
■パンウォーマー付き:デロンギ

■クラシックデザイン:デロンギ

■モダンデザイン:デロンギ