小規模開催・着席型の街コンを狙え!

d

行動力が結婚への一歩に

ここまでのところで、どの街コンに参加すれば婚活成功率が高まるかといったことが、少しずつ見えてきたはずです。そこで次は、過去90万人以上の街コン参加者の恋活・婚活をサポートしてきたガイドが、カップル成立が望みやすい街コンパターンを伝授いたします。

1.小規模

1000人を超える街コンは、人数が多すぎてゆっくり話すことが難しいですから、計100名程度の街コン(プチ街コン)であれば、全体が見渡せる適度な人数と言えます。

2.着席型

着席型の利点は、腰を据えて語らえることと、席替えが行われることです。立食や移動自由の街コンとなると、第一印象で決めつけてしまったり、人気の高い人であれば話しているそばから他の参加者が割り込んでくる……といったこともあります。その点、着席であれば、一定時間話せる機会がもたらされますし、話し足りなければ、街コン後の2次会や後日デートをするといった展開が期待できます。

外見で判断しない!

これも経験上言えることですが、出会いの場において外見を重視するのは、圧倒的に男性の方が多いようです。それに比べ女性は、外見がストライクゾーンでなくても、よほどのことがない限り、「話だけでもしてみよう」という姿勢が感じられます。

確かに外見は大切ですが、見た目が好みのタイプではないからと何度もパートナーを替えては、街コンで収穫を得るのは難しいでしょう。どんな出会いにも必ず意味があると言われるように、外見ではなく中身(フィーリングや価値観)も合わせて判断することも、婚活では大切です。

今回は婚活におすすめな街コンの選び方をお伝えしましたが、手始めに結婚を視野に入れて街コンに参加するのであれば、結婚に繋がりやすい「趣味コン」から探してみることをおすすめします。あなたも「恋学」で、理想の恋愛を!

【参考資料】

・大人の恋活・婚活を応援する恋愛情報サイト「恋学
【街コン参加者限定】街コンがきっかけで、交際に発展したことがありますか?
(2015年2月1日現在)
全国街コン公式サイト「街コンジャパン」


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。