東南アジア全体で人気のショッピングモール

東南アジアではショッピングモールが人気、という話題を聞いたことがある方も多いかと思います。急激に中流階級が増えている東南アジアでは、ショッピング含む様々なアクティビティを一度に楽しめるショッピングモールが各国で人気になっています。そして、インドネシアはジャカルタもその例に漏れません。郊外から中心地まで数多くのショッピングモールが点在しています。その数は実に70以上。小規模から大規模まで、身近なものから超高級な雰囲気まで、様々な顔を持ったショッピングモールが共存しています。そして週末は憩いの場として賑わいます。


ジャカルタの「街」としての機能

Heavy

車中心の街づくりでいつも渋滞するジャカルタ

なぜこれほど多くのショッピングモールが存在し、ジャカルタの人々を魅了し続けているのでしょう?それは、ショッピングモールがただの買い物の場ではなく「街」として機能しているから、とガイドは考えています。

ジャカルタに来て最初に驚くことは「歩けない」ということです。自動車とバイク、そしてビルが街の中心となっており、「界隈」がほとんど存在していません。歩きにくい街を頑張って歩いても、残念ながら車・ビル・屋台の同じような景色が続くだけです。

よく他国のガイドブックでは「●●通りを歩こう!半日散策ルート!」のような案内がありますが、ジャカルタでは、一部地域を除いてほぼ無理と考えておいた方がいいでしょう。日本でいえば「表参道」「浅草」などの特色ある「街」が存在していないのです。その代替として機能しているのがモールです。話題のレストラン、最先端のファッション、友人・家族との食事やカフェタイムを求め、街へ繰り出す代わりにショッピングモールへ繰り出すのです。

「ジャカルタの代名詞」と言っても過言ではないショッピングモール。今回は数あるショッピングモールの中から、趣の異なる5店をピックアップしてご紹介します。


現地トレンドが凝縮!「グランドインドネシア」

ジャカルタの人気NO.1ショッピングモール、と言っても過言ではないのが、ジャカルタ中心部タムリン(Thamrin)エリアに位置するグランドインドネシア(Grand Indonesia)です。ファッション、カフェ、映画など、インドネシアのあらゆる「最先端」が集まっており、現地の若者からビジネスマン、家族連れまで幅広い客層で連日にぎわっています。日本を代表する企業「ユニクロ」も店舗を構えています。ジャカルタの最新トレンドを知るために一度訪れてみるといいでしょう。
Grandindo

グランドインドネシア内では美しいウォーターショーも開催


<DATA>
■Grand Indonesia (グランドインドネシア)
住所:Jln. MH.Thamrin No.1
TEL:+62 21 2358 7000
営業時間:10:00~22:00(年中無休/テナントごとに営業時間は異なる)

>>>次のページに続きます。