ちょっと先の不安が原因であることが多い

ドキッとする仮病も、親が上手くサポートしていこう!

ドキッとする仮病も、親が上手くサポートしていこう!

一般的に、子供が具合の悪いふりをするときというのは、次の理由とつながっていることが多いようです。
  • 幼稚園、保育園に行きたくないから
  • ママと離れるのがイヤだから
  • 自分に注意を向けて欲しいから
少し大きくなると、
  • 友達との人間関係に悩んでいるから
  • 勉強が難しいから
いずれにも共通している心理は「不安感」です。不安な気持ちは、未来に対して発生します。これから起こることに対し、不安があるので、それを避けるための策として仮病を使うんですね。つまり、仮病は不安に対する回避行動と言えます。親は、仮病自体に過剰反応するのではなく、その背後にある理由を理解してあげることが大切です。

実は、幼少時は子供が「イヤだ」「不安だ」と感じていることをキャッチすることは比較的簡単です。というのも、小さいうちは、時間の捉え方が短いので、基本的に、仮病は遠い先のことを見越して発生することはありません。目の前のことに対して起こりがちです。これは親にとっては非常にありがたいこと。仮病が起こりがちな前後の状況を詳しく見直すことで、まずはその原因に気づいてあげましょう。


親のリアクション、この2つに気をつけよう!

■子供にレッテルを貼らない
子供が仮病を使ったときに、親がやってしまいがちなミスが、子供のその行動を「さぼっている」「怠けている」と捉えてしまうこと。その日たまたま気乗りがしなかったことで「怠け者」のレッテルを貼られてしまうと、その全否定で気が萎え、あれもこれもイヤになってしまう恐れがあります。

大人だって、いつもやる気まんまんではありませんよね。時には気が乗らないこともあります。子供も同じで、ごくたまに「頭が痛い」というくらいなら、逆に心配しすぎない方がベター。自分に置き換えると、「こういうこともあるか」と子供の気持ちを分かってあげやすくなります。

■仮病を責めない
「もしかして、仮病?」と親が感じるのは、家に帰ったらケロッとしているのように、子供に明らかな変化があるから。でもそのとき、親が「ウソをついた」「イヤなことから逃げる手段にしている」と責めてしてしまうと、子供は逃げ場を失います。大人もそうですが、逃げ場を失ってしまうと、正しい行動が取れなくなりますよね。

だから、分かっていても、責めない。「仮病なんでしょ」と責めたところで、残念ながら事態は改善しません。親が目を向けるべきは「仮病」ではなく、その背後にある「不安感」。その不安を取り除くためのサポートをしていく必要があります。


親にできるサポートは「正の強化」で子供を伸ばすこと

一般的に、子供が仮病を使うシチュエーションというのは、
  • 目の前にある不安を回避したいとき(例:登園時、ママと離れたくない)
  • その子にとって仮病が何らかのメリットがもたらすとき(例:勉強、宿題をしなくてすむ)
であることが多いものです。しかし、自分の好きなことをするためにイヤなことを回避していたら、その子の成長につながりませんね。親として、ぜひ取り入れたいのは、上手く出来たときにしっかりとほめて、望ましい行動の頻度を上げていくことです。

心理学で「正の強化」という現象があるのですが、これは、望ましい行動に対し、喜ばしい刺激をもたらすことを言います。すると何が起こるかというと、望ましい行動の頻度が増えていきます。早速、この「正の強化」を、仮病対策にどう使うかを具体的に説明していきましょう。

仮病とは、”ごくたまに”発生するものです。いつもいつもではありません。ということは、ほとんどのケースは上手くいっているわけです。例えば、幼稚園の見送りで。週5日のうち、朝、「お腹が痛い」と言い出すのが週に1回としましょう。上手くいったのが4回、上手くいかなかったのはたったの1回。5打数4安打の好成績です。しかし、親はどうしてもその1回の「仮病」が気になってしまいます。そして、上手く行った4回のことは素通りしてしまいます。

正の強化は、その上手くいった4回をしっかりほめてあげることを指します。上手く出来たことを「当たり前」とスルーせずに、しっかりキャッチし「頑張ったね」とその都度ほめることで、その子の自己効力感(「ボクは大丈夫」「ワタシならできる」という自信)は高まっていきます。成功例を重ねることは、その子の不安感を取り除く効果があるので、これによりたまの仮病を克服することが期待できるのです。

次に仮病に出会ったら、ぜひ「仮病せずに頑張った日」に目を向けてみてください。不安を乗り越えることができた日をしっかりほめて、自信をアップ。子供の心にポジティブな側面からアプローチをしていくのがおすすめです。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。