京都生まれ京都育ちの京たんくろ和牛など、思わずうなるの最高品質

肉1

京たんくろ和牛は熟成感がいい。


京たんくろ和牛は、短角牛を母に、黒毛和牛を父に持つ「京都生まれ京都育ち」の和牛。赤身と脂のバランスが良く、少量でも食べ応えがあります。表面に隠し包丁が入れてあるので、お年寄りでも難なく食べられます。こちらはサッと焼いて、わさびと塩で召し上がれ。

肉2

いわて短角和牛は赤身の旨味が凝縮!


いわて短角和牛は、脂肪分が少ないヘルシーな赤身肉。といってもパサパサした輸入肉とは異なり、噛むほどに肉本来の旨味を味わえます。糖質制限されている方にも人気の肉で、満腹感もあるので、ダイエット中の方にも向きます。

肉3

脂のりのりの近江牛。脂が甘い!


言わずと知れた近江牛は、見事なまでの霜降り。焼くと脂が落ち、甘味がギュッと凝縮されます。脂の甘味をとくと堪能しながら、ご飯と一緒にどうぞ。

ごはん

麦ご飯か白ご飯を選べるのが嬉しい。


ご飯は白米か麦ご飯を選ぶことができます。この日、私は麦ごはんを選択。添えられたワカメスープと麦ご飯の相性は最高です。

ビビンバ

プラスするとご飯を焼きビビンバに変更できる。


同行した夫はご飯を鍋焼きビビンバに(別途600円)。お焦げが香ばしく、さらに食が進んだようです。よーく混ぜて召し上がれ。

キムチ

さっぱりタイプのキムチはサラダ感覚で。


キムチは箸休めに。あっさり漬かったタイプで、サラダ感覚で味わえるキムチは、お店で手作りしているのだそう。創業以来、変わらぬ味が人気を呼び、お土産に買い求める人も多いのだとか。

うっかり食べてしまったのですが、セットにはドリンクと手作りのデザートも付きます。この日はグレープフルーツのゼリー。果肉もいっぱい入ったゼリーは、焼き肉を食べた後にぴったりの爽やかさ。大満足のランチでした。

焼肉以外にも麺やご飯もの、鍋ランチの他、糖質オフメニューもあり、世代を越えて人気なのが良くわかります。高級焼き肉店なだけにリーズナブルとは言い切れませんが、肉の質と味は、自称ヤキニクエストの私が太鼓判を押します。

洋服に臭いもつきにくいので、オシャレして出かけても安心。植物園や陶板美術館など京都・北山エリアで観光した帰り道におすすめのお店です。

和牛焼肉店 南山
住所:京都市左京区下鴨北野々神町31 北山通ノートルダム小前
電話:075-722-4131
営業時間:11:00~23:00
定休日:無休
アクセス:地下鉄烏丸線「北山」駅より徒歩5分
ホームページ:http://www.nanzan-net.com/

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。