ポイントを集約し、人気のあるサービスに交換

生活者にとって、普段の店舗での買い物やオンラインショッピングにおいて、それぞれ各事業者のポイントが貯まっていますが、週に1回、月に1回の買い物だけでは、商品を交換するまでに時間がかかり、場合によっては失効するといったことも考えられます。ポイント交換サイトは、そういった課題を解決してくれるメリットがあり、提供するサービスの裾野も広がっています。

具体的なメリットは以下の3つです。

(1)複数のポイントを1つにまとめることができる
PeXの仕組み

PeXの仕組み(出典:PeX)

生活者が普段貯めている複数のポイントサービスを1つに集約することができます。これにより、ポイントをより貯めやすい環境が整います。

(2)ポイント交換レートを確認でき、等価以上の交換も可能
数多くあるポイントサービスやマイレージ、電子マネー、ギフト券への交換レートを最初に確認することができるので、安心してポイントを貯めることが可能です。また、サービスによっては等価交換、より有利な条件で交換できます。

(3)人気のあるサービスに交換できる
何より大きいのが、人気のポイントサービスやマイレージ、電子マネー、ギフト券に交換することができる点です。

代表的な企業は「PeX」「Gポイント」「ネットマイル」等

代表的なサービスとしては、「PeX」「Gポイント」「ネットマイル」等が挙げられます。

例えば、PeXでは、貯まったポイントを国内約650の銀行・金融機関に、ポイントを現金として振り込むことが可能なサービスとなっています。また、Amazonギフト券やiTunesギフトなどは交換時にレートアップされ、定価よりもお得となっています。さらに、提携パートナーサイトでのショッピング、ポイント広告へのアクション、無料コンテンツの閲覧、PeX内での検索フォームからの検索などを利用してもポイントが貯まるのが特徴です。

「Gポイント」では近年、従来から人気のマイルなどに加え、生活密着型のポイントへの交換が増えているそうです。2014年11月からは、タリーズコーヒージャパンのプリペイド型電子マネー「TULLY’S CARD」へGポイントからのリアルタイムにチャージして利用できるサービスを開始しています。ネットマイルでは、2014年10月から、国内で初めて「ネットマイル」からNTTドコモが運営する「ドコモ口座」の現金にリアルタイムに交換可能となるサービスを行っています。

これらのポイント交換サイトは、誰でも簡単、便利に利用できるため、ポイントを集約して多く貯めたい方にはお勧めしたいところです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。