明確に「積む」理由がないのならハッチバックを選びたい

プジョー308/308SW

荷室容量はハッチバックが470L~1309L、SWは660L~1775Kとクラストップレベルを誇る


2代目となった新型プジョー308とベンチマークであるVWゴルフと比べると、とくに乗り心地の面で柔らかさがあるのと、それでいながらフットワークも軽快で、とくにハッチバックの完成度の高さが印象的だった。

走りを楽しみたいのならハッチバックがオススメで、SWほどの積載力が必要ないのなら十分! というよりも積極的にハッチバックを選んだ方がフットワークや音・振動面、乗り心地も含めて正解だろう。

この日はゴルフ・ヴァリアントで箱根の試乗会に向かったのだが、ゴルフは、ハッチバックとあまり遜色のない乗り心地やフットワークをワゴンのヴァリアントでも感じさせるのに対し、308はハッチバックとSWの差がやや大きめに感じたのもご報告しておきたい。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。