お正月にはお飾り、春には雛飾りや桜、秋には紅葉など、日本の美しい四季を住まいに取り込むことで、心豊かな暮らしができます。今回のリフォームの現場からでは、豊かな暮らしを生み出すスペースづくりについてです。

新年を迎える準備、お正月の飾りには意味がある

年末になるとお正月の準備をしている家も多いことでしょう。門には門松、玄関にはしめ飾り、室内には鏡餅などを飾って、新しい年を迎えます。最近では、クリスマスリースを模したような、かわいらしいデザインのお飾りもあります。

お正月のしめ飾り

お正月のしめ飾りは、五穀豊穣、子孫繁栄、代々栄えるようになどの思いが込められている。


さてこのお正月のお飾りには、それぞれに意味があることをご存じでしょうか。門松の松は依り代で、そこに歳神様(としがみさま)をお迎えして、幸せを願うための飾りです。

しめ飾りは、五穀豊穣や子孫繁栄、ダイダイは代々栄えるように、御幣(ごへい)という短冊のような白い紙には、神が宿る紙という意味があります。そして鏡餅は、多くの神社でご神体とされている丸い鏡をかたどった餅で、二段重ねなのは、太陽と月を意味しているから。これにも、ダイダイと御幣が付いてます。

日本の伝統行事であるお正月のお飾りは、どれもこれもとても縁起のいいものばかりです。来年もいい年でありますようにと願いを込めて飾ります。さて、この思いがたくさん詰まったお飾り、皆さんはどこに設えていますか?

昭和の時代は下駄箱のカウンターを利用して季節の設えをした

昭和の下駄箱

以前は、下駄箱のカウンターの上のささやかな空間を使って季節の設えをしている家が多かった。

昔の日本の家では、必ずこれらの設えをする場所が用意されていて、心をこめて新しい年を迎えたり、節句を祝ったりしていました。

昭和の時代では、下駄箱のカウンターの上のささやかな空間を使って、季節の設えをしている家がたくさんありました。

今までたくさんの家にお邪魔してきましたが、玄関の脇の小さなスペースに、季節の設えがしてあると、なんだかほっとした気持ちになったものです。またそのような設えがある家は、概して住環境に対して意識が高い人が多かったように思います。

 

慢性的な収納不足の日本では、空きスペースはデッドスペース

トールサイズの玄関収納

現在は、トールサイズの玄関収納が増えている。

しかし腰の高さのほどのカウンターがついた下駄箱は、入る靴の数が限られます。個人の持ち物量が増え、慢性的な収納不足にある日本の住宅では、下駄箱の上の空間はデッドスペースです。

最近の玄関収納は、トールサイズと呼ばれる天井までいっぱいに取り付けるタイプが増え、下駄箱の上の空間はどんどん姿を消しています。

季節の飾りを置く床の間も減っています。私も、この床の間部分に収納を作るリフォームを何十件となく手掛けてきました。今では、床の間どころか和室の存在自体も減っています。

 

効率だけを求める暮らしは息が詰まる

四万六千日の縁日

江戸の庶民は、季節感を大切にし、折々の行事や祭りを楽しみました。

しかし効率だけを求める暮らしは息が詰まります。一見ムダと思われる空間が、心の安らぎを感じさせてくれたり、ゆとりある暮らしを生み出してくれたりするものです。

その昔、江戸の庶民は今日食べることでいっぱいのギリギリの暮らしをしていたそうです。しかし、季節や行事を楽しむ心の余裕は忘れなかったと言います。

例えば、ほおずき市でほおずきを買って鳴らしたり、朝顔市でひと夏だけの朝顔の花を楽しんだり。その一見ムダと思われることを楽しむ心が、明日への活力を生んだと言います。

 

リフォームにゆとりを加えることで暮らしが豊かに

ニッチ

ニッチとは、花瓶などを置くための壁面の凹みのこと(ニッチのリフォームで玄関や廊下をセンスアップより)

収納リフォームは大人気で、空いたスペースがあったら収納を作りたいという方も多いことでしょう。その際は、ぜひそこに少しだけ、ゆとりを加えてみて下さい。

例えば、トール収納の一ヶ所だけくり抜いて空間を作ったり、壁の厚みを利用してニッチを作ったり。窓の枠を少し大きくするだけでも、そこが季節を楽しむ小さなカウンターになります。

そのゆとりの空間、一見ムダな空間が、きっと心豊かな楽しい毎日を生み出してくれます。素晴らしい意味を持つ新年のお飾りを心を込めて設えて、よい年を迎えましょう。

 

Copyright(c)2014 一級建築士事務所 Office Yuu,All rights reserved.


匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。