Word、Excel、PowerPointをiPhoneで作成・編集

「メールで送られてきたExcelファイルをiPhoneで修正して送り返したい」―そんなときはiOS版Microsoft Officeの出番です。「Microsoft Word」、「Microsoft Excel」、「Microsoft PowerPoint」がそれぞれ単独のアプリとして提供されており、なんと無料です。利用にはMicrosoftアカウントが必要ですが、こちらも無料で取得できます。

office

「Office Mobile」アプリをインストールすると、リンクから各アプリをダウンロードできる。この記事の最後にあるリンクから各アプリを直接インストールしてもよい

ファイル管理はクラウドサービスの利用がおすすめ

1-word

アプリを起動したら、Microsoftアカウントでサインイン。「無料で作成および編集する」をタップする


アプリを起動すると、新規に作成できるテンプレートの一覧が表示されます。既存のファイルを編集したい場合は、「One Drive」や「Dropbox」などのクラウドサービスを利用するか、iPhone本体に保存したファイルを開きます。Microsoftアカウントで利用する「One Drive」は15GBまで、「Dropbox」は2GBまで無料で利用できます。

3-office

既存のファイルは無料のクラウドサービスを使うと、パソコンとファイルをやり取りするのに便利だ


4-office

iPhoneで作成、編集したファイルは、保存元のクラウドサービスに自動保存される。オフラインでも利用したいときは、「複製」からiPhoneに保存しよう


また、各アプリともメールで共有する機能が用意されています。
 

プレミアム機能にはアラートが表示される

アプリ、クラウドサービスとも無料で利用できますが、アプリの一部の機能は「プレミアム機能」とされており、有料の「Office 365」ライセンスが必要です。商用で利用する場合もライセンスを取得します。

5-office

有料の「プレミアム機能」を使おうとすると、アラートが表示される


次は、Word、Excel、PowePointのそれぞれについて説明します。